金丸原陸軍飛行場

栃木県大田原市金丸には、金丸原陸軍飛行場の掩体壕が1基のみ残っている。
金丸原飛行場は沿革は、
昭和9年  金丸原演習場の一部が、所沢陸軍飛行学校の不時着場になる。
昭和10年 所沢陸軍飛行学校 金丸原分教場に指定される。
昭和12年 熊谷陸軍飛行学校 金丸原分教場になる。
昭和19年 常陸教導飛行師団金丸原分遣隊になり、終戦間際には数機の戦闘機が配備され、防空任務にあたっていた様だ。
(『那須の太平洋戦争』下野新聞社から抜粋)

金丸原飛行場現在は那須ヶ原カントリークラブの敷地内に有り、横から見ると掩体壕だと全く判らない。

金丸原飛行場 (2)カントリークラブ管理棟の前に有り、ゴルフコース管理用の車両が格納されている。

金丸原飛行場 (3)これも前方は崩落している。

金丸原飛行場 (4)掩体壕を後ろから見る。

金丸原飛行場 (5)実は道路からでも、この掩体壕が見える。

金丸原飛行場 (6)見学をお願いする際、直接、管理棟の方へ行っても良いか尋ねてみてはいかがだろうか?特に徒歩の場合だと、かなりの時間短縮になる。

金丸原飛行場掩体壕の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここの掩体壕は有効に活用されているようですね。管理用の車両等がきちんと並んでいるところが良い感じですよ。

Re: No title

>>ヨッシーさん
ただ、戦闘機用掩体壕としても、ちょっと高さが無い様に思えます。
ゴルフ場にする時に底上げしたんでしょうかね?
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR