宇都宮憲兵隊

憲兵とは、言わずと知れた軍隊内の警察であり、兵営の有った所には憲兵隊があった。

宇都宮 憲兵歩兵第66連隊兵営跡地に向かう途中、偶然に古い塀を見付ける。

宇都宮 憲兵 (2)しかも、塀の前には境界石と思われる御影石があり、士気が上がるが、

宇都宮 憲兵 (3)反対側には門柱がある。何かで見た記憶が・・・はい、そこナニBlogさんで紹介されていた憲兵分署だった。

宇都宮 憲兵 (5)さらに、こちらにも古い塀があり、やはり折れた境界石が残っている。ここに憲兵分隊派出所があった。

宇都宮 憲兵 (4)こちらの境界石は、用地のみ残っている。
もちろんそこナニBlogさんからの情報である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

憲兵分隊派出所

記事下側の憲兵分隊派出所は、昭和20年(1945年)7月12日深夜~13日未明の空襲で焼失しています。
塀が若干黒いのはそのせいだったりして。

ちなみに、お隣のふとんやさんも焼けていますが、西側の路地の向こう側二軒で火は止まりました。
ふとんやさんの倉は、形は残っていたので、これは幸いと扉を開けたところ、熱がこもっていたせいなのか小さな火に空気が入ったせいなのか、それから一気に燃えてしまった、とのことです。

Re: 憲兵分隊派出所

>>けむぞうさん
これはまた、貴重なお話をありがとうございます。
お話を聞くと、この塀が素晴らしい物に思えてきます。

憲兵隊の場所って、意外と知られていないんですよね!
場所が判明しても、市街地で遺構はほとんど見かけません。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR