歩兵第40連隊 その1

鳥取市立川町にある、(株)三洋電機コンシューマエレクトロニクスは、歩兵第40連隊兵営跡地にあり敷地内には遺構が残っている。
歩兵第40連隊は大阪で編成された後、明治30年(陸軍墓地の案内板では29年)、鳥取に移って来た。
漫画家 水木しげる氏は、この歩兵40連隊に入営した。
(今回、レポートするにあたって、鳥取市歴史博物館 横山学芸員に御教授いただきました。)

歩40兵営の東側、岩倉小学校付近には鳥取連隊之跡の碑がある。

歩40 (2)兵営と民有地を分ける水路も残っている。

歩40 (3)敷地の外からも大型の木造兵舎が見える。これは連隊砲中隊の兵舎。

歩40 (5)連隊砲中隊兵舎

41山砲連隊砲として、多くの歩兵連隊で使用された41式山砲

歩40 (4)連隊砲中隊兵舎隣の建物 窓の形等は当時の建物の特徴があるが、改めて見ると違う様な?

歩40 (6)兵舎裏にある、兵器庫と思われる建物

歩40 (7)この防火水槽も当時の物だろう。

歩40 (9)兵器庫のすぐ隣にあるこの建物は、倉庫であろうか?

歩40 (8)これも兵器庫の付近にある。直感的には遺構と思ったが、違うかも・・・
歩兵第40連隊の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

建物をできるだけそのまま生かして使用している点、素晴らしいと思います。

同様に三原市忠海には某手袋メーカーが旧芸予要塞司令部を本社社屋として、兵舎を工場として大切に手入れをしながら使用しています。

軍事遺構に「負の遺産」と名称をつけている団体もあるようですが、それならこのように現在と調和させながら大切に使っている遺構は「正の遺産」と呼ばせて頂きたいものですな。

Re: No title

>>トッポ作さん
手袋メーカーも訪ねた事がありますが、かなりリフォームされてしまってますよね。
歩兵第40連隊の兵舎はまだまだ残っています。
乞うご期待。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。
最近は暇があれば、YouTubeで河合奈保子の動画を観ています。奈保子ちゃん本当に可愛いです!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR