小樽手宮公園の高射砲座

小樽市手宮公園陸上競技場の一角には、高射砲の台座が残っている。

変換 ~ 小樽手宮公園高射砲台座 (1)
砲座には、最近建てられた記念碑がある。
それによるとこの砲座は、昭和18年5月に小樽防空のために編成された、高射砲第24連隊第4中隊手宮陣地の4門のうちの一つらしい。

変換 ~ 小樽手宮公園高射砲台座 (4)
反対側から見た砲座
この砲座は戦時中は埋まっていて、上部だけ露出していたが、月日と共に斜面下側の土砂が流れて砲座が露出したと考える。

変換 ~ 小樽手宮公園高射砲台座 (2)
砲床部分、ボルトがきれいに残っている。

小樽は昭和20年7月15日に空襲があり、高射砲の隊員にも戦死者が出たらしい。
平和な世の中になり、陸上競技に汗を流す人達をいつまでも見ていて欲しい。

手宮競技場の高射砲座の場所はこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR