八日市陸軍飛行場の掩体壕

飛行場跡地は現在、住宅地や畑になっていて、当時を偲ばせる物は少ない。
なお、近衛飛行隊と言われ、調布を本拠地としていた飛行第244戦隊はここで終戦を迎えている。
終戦間際の八日市飛行場の様子は、桜井隆氏のHP陸軍飛行第244戦隊 調布の空の勇士たちに詳しく紹介されている。

八日市掩体壕 (2)ここが飛行場だったと、お年寄りが教えてくれた。滑走路は写真左、山の方だった様だ。

八日市掩体壕 (4)飛行場の南には掩体壕が残っている。見ての通り、立ち入りが禁止されており、鉄条網が張られている。

八日市掩体壕 (5)現在は、竹藪に埋もれてしまっている。

八日市掩体壕 (3)大正飛行場の掩体壕と同様に、手前側が破壊されてしまっている。旧八日市市の作った説明板があり、そこには小型機用の掩体壕と書かれているが、かなり大きい。
この掩体壕の場所はこちら

八日市掩体壕もう1つの掩体壕。溜池の周りの遊歩道沿いにあり、見付け易い。

八日市掩体壕 (6)こちらも竹藪の中にあり、何が何やら状態である。

この掩体壕の場所はこの辺
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR