陸軍少年戦車兵学校 その3

陸軍少年戦車兵学校跡地には、多くの門柱(跡地)や、橋(橋の名称)が残っている。

少年戦車兵 (5)まずは、少年戦車兵学校南側に残っている正門跡。(若獅子神社の案内板には表門となっていたが、いつも使っている正門で統一する)

少年戦車兵 (6)門の裾部だけが残っている。

少年戦車兵学校 (2)
移設された正門

将校集会所跡
将校集会所跡地は現在、富士開拓農業協同組合になっていて、門が3か所に残っている。
少年戦車兵 (4)まずは東側の門柱(門跡?)

少年戦車兵 (3)これが一番立派であるが、これ以外にメインの門柱が有ったのではないかと思う。

少年戦車兵 (7)南側に残る門柱

少年戦車兵 (8)
この門柱には農協の表札が掛っているが、形状から正門ではないと思う。

少年戦車兵 (10)西側の門柱

少年戦車兵 (9)
これを見ると、正門(メインゲート)は東側だったのだろうか?
さて、この将校集会所の門柱はどれも(特に西側)、異様に広く作られている。まさか、戦車で乗り入れられる様に作られているのだろうか?


少年戦車兵学校付近にはいくつかの橋がある。
特に西側にある橋には、「忠節橋」「武勇橋」「信義橋」「礼儀橋」などがあった。
少年戦車兵
必中橋 少年戦車兵学校の西にあるが、今は架け替えられた様で、趣は無い。

少年戦車兵 (2)古い欄干。武勇橋だと思われるが、名前などは無い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR