fc2ブログ

海軍通信学校 その1 庁舎

陸上自衛隊久里浜駐屯地は、海軍通信学校の跡地にあり、多くの遺構が残っている。

海軍の通信教育は、明治36年、横須賀市田浦町の海軍水雷術練習所内で始まった。
練習所は、明治44年に海軍水雷学校と改称、校内に通信部が誕生した。
通信部は昭和5年に独立、水雷学校と同居のまま海軍通信学校となり、昭和14年に現在の場所に移転、昭和18年、山口県防府市に防府海軍通信学校が開校されたため、横須賀海軍通信学校と改称された。
その後、昭和25年に発足した、自衛隊の前身である警察予備隊に使用されるなど、自衛隊としては最も古い駐屯地である。。
昭和28年、保安大学校がこの地に開校。翌昭和29年に防衛大学校と改称し、昭和30年に現在の小原台に移転した。
まずは、通信学校庁舎から紹介する。
今回紹介に使う写真は、平成20年、22年、令和5年の写真が入り混じっているので、ご了承されたい。

久里浜海軍通信学校 (8)
海軍通信学校庁舎の全景

久里浜海軍通信学校 (9)
正面から見る。

久里浜海軍通信学校 (6)
令和5年4月の状態 庁舎に国旗の掲揚はしなくなったようだ。

久里浜海軍通信学校 (11)
庁舎正面のアップ

久里浜海軍通信学校 (15)
角度を変えて見る。

久里浜海軍通信学校 (13)
更に反対方向から見る。

久里浜海軍通信学校 (1)
庁舎の左側面を見る。

久里浜海軍通信学校 (2)
反対方向から見る。

久里浜海軍通信学校 (4)
庁舎右側面。建物番号であろう「1」が書かれている。

久里浜海軍通信学校 (3)
当時の物と思われる水道

久里浜海軍通信学校 (5)
庁舎背面

久里浜海軍通信学校 (12)
右後方から見る。

久里浜海軍通信学校 (14)
基地の外から見える庁舎
この頃にはまだ、庁舎に番号は書かれていなかった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kan

Author:kan
酒とナマコ酢と、ミル貝刺をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。
腰はガラスの腰と言われ、定期的に壊れます!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。誤字や文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR