fc2ブログ

来島砲台兵舎跡

弾薬庫から中部砲台に向かう道を隔てた南側に兵舎があった(ようである)。
平成22年に訪ねたときは畑となっており管理されていたが、現在は放置されており荒れ果てている。

来島砲台兵舎跡 (2)
平成22年の様子

来島砲台兵舎跡 (1)
現在(令和2年3月)の状態。3月でこの状態なので、冬場以外は立ち入れないと思う。

来島砲台兵舎跡 (5)
当時の物と思われる石垣

来島砲台兵舎跡 (3)
上の写真の真ん中に写っている石積みの中には

来島砲台兵舎跡 (4)
井戸があるが、要塞時代の物かは不明

来島砲台兵舎跡 (6)
畑の中に残る、建物の基礎

来島砲台兵舎跡 (7)
また、濾過槽もあったが今回は見付けられなかった。

来島砲台兵舎跡 (8)
濾過槽の横には貯水槽があるが、

来島砲台兵舎跡 (9)
中を見ると、2m以上の深さがあり、万が一落ちたら白骨になるまで見付からないだろう!

来島砲台兵舎跡 (11)
現在も残る、当時の階段

来島砲台兵舎跡 (10)
階段のアップ。階段を上り、右に行けば中部(北部)砲台へ、左に行けば南部砲台や船着場に行く。
スポンサーサイト



プロフィール

kan

Author:kan
酒とナマコ酢と、ミル貝刺をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。
腰はガラスの腰と言われ、定期的に壊れます!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。誤字や文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR