FC2ブログ

稲童地区通信司令部壕

稲童1号掩体壕の南約400mには、稲童地区通信司令部壕がある。

稲童司令部壕 (3)
稲童地区通信司令部壕東側出入り口

稲童司令部壕 (1)
内部の様子。現在は立ち入り禁止になっている。

稲童司令部壕 (2)
東側出入り口を時計回りに見ていく。

稲童司令部壕 (8)
右正横。この出入り口は土盛りされていたと思われる。

稲童司令部壕 (7)
右斜め後ろから見る。

稲童司令部壕 (6)
背面を見る。

稲童司令部壕 (6)
背面を見る。

稲童司令部壕 (7)
右斜め後ろから見る。

稲童司令部壕 (5)
こちらは左斜め後ろから。かなり土盛りされていたのが分かる。

稲童司令部壕 (4)
左正横

稲童司令部壕 (9)
建物を挟んだ西側にも出入り口があるが、現在は崩れてしまっている。肉眼ではなんとか分かるが、写真だと何が何だか状態である。

稲童司令部壕 (10)
内側から見ると分かる。

稲童地区通信司令部壕の場所はこちら
スポンサーサイト



プロフィール

kan

Author:kan
酒とトリ貝刺と、南蛮漬けをこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR