大東崎に残る電探基礎

千葉県いすみ市にある、大東岬には海軍の電探基礎が残っている。
いつも参考にさせていただいているファザーのHPさんには、特設見張所(戌)となっており、戦後、3式1号1型×1、2式1号1型×1、7.7mm機銃×2が引き渡たされている。

太東崎電探基礎 (2)
電探の基礎部。円形の地下操作室があったが、海岸の浸食により海中に落下してしまっている。

太東崎電探基礎
基礎部のアップ

太東崎電探基礎 (3)
基礎部も水際ぎりぎりなので、近い将来に海中落下する可能性もある・・・

太東崎電探基礎 (4)
機関銃座跡。立ち入り禁止なので詳細は不明だが、引き渡した7.7mm機銃が備えられていたのだろうか?
写真の奥に車が写っている様に、ここまで車で来れる。

大東崎電探基礎の場所はこちら
スポンサーサイト
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、焼き魚(特に、タチウオ、エボダイ、ニシン)をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める、正統派の変人です。


紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR