FC2ブログ

東金城址に残る観測所

千葉県東金市、東金城のあった御殿山には観測所が残っている。
これは、外房九十九里浜に米軍が上陸すると予想されており、昭和19年初め頃から、多くの防御陣地が作られ、沿岸には、近衛第3師団を始めとして第147師団、 第152師団、第234師団が主要部隊が配備されていた。
そのうち、東金は近衛歩兵第10連隊が主となり、陣地が構築された。
多くのサイトにはトーチカとされているが、観測所で間違いないだろう。

東金観測所
登り口には壕が4つある。これは、最初にある壕。

東金観測所 (3)
壕の内部。もちろん、中には入らず・・・

東金観測所 (5)
さらに2つの壕が口を開けている。

東金観測所 (7)
見難いが、4つ目の壕。観測所員用の壕だったのだろうか?

東金観測所 (9)
一度、山の頂上に登り少し下って行くと入口が見える。

東金観測所 (11)
正面の様子。状態は非常に良い。

東金観測所 (2)
反対側から見る。

東金観測所 (4)
内部の様子。こちらも状態は良い。

東金観測所 (6)
当時の鉄骨が見える。しっかりした鉄骨が使われているのが判る。

東金観測所 (8)
内部から入口方向を見る。

東金観測所 (10)
観測所付近には、コンクリートで作られた窪みがあるが、何に使った物かは不明。

東金城址に残る観測所への登り口はこちら
観測所への詳しい行き方はこちらを参照
スポンサーサイト



プロフィール

kan

Author:kan
酒とトリ貝刺と、南蛮漬けをこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR