松山(丸山)陸軍墓地

松山市北斎院町には松山(丸山)陸軍墓地がある。
松山陸軍墓地は明治11年に作られた歴史ある陸軍墓地であるが、戦争末期に忠霊塔の建設に着手したが完成間に合わず、昭和29年に愛媛県戦没者慰霊塔として完成した。
敷地内には合葬碑と将校の墓が残っている。

松山陸軍墓地 (2)
階段登って左にある石柱。陸軍墓地参●●路と書かれているが、コンクリートで埋められていて一部読めない。

松山陸軍墓地 (11)愛媛県戦没者慰霊塔

松山陸軍墓地 (5)愛媛県戦没者慰霊塔の背後には、合葬碑と将校の個人墓が残っている。

松山陸軍墓地 (6)左、品川少将の個人墓、中、供養塔 昭和18年4月 西部第62部隊建立、右、満州事変戦歿将士合葬之墓 昭和8年3月建立 なお、この合葬之墓には海軍兵士の名前もある。 

松山陸軍墓地 (7)付近にある将校の個人墓

松山陸軍墓地 (10)変った形をしているのと、石質がとても良い。後から建て替えた物か?

松山陸軍墓地 (8)一番奥にあった特務曹長の墓。これは当時のままだと思われる。

松山陸軍墓地 (9)奥から、反対側を見る。

松山陸軍墓地 (3)
普通、他所で見られるのは出身地、戦死場所、年齢などであるが、ここの墓石は故人の略歴が彫られている。やはり、再建された物だろうか?

松山陸軍墓地 (4)陸軍墓地の近くにある、軍馬犬鳩家畜慰霊塔。基礎は馬蹄形になっている。

松山陸軍墓地
昭和19年3月建立

松山陸軍墓地の場所はこちら
軍馬犬鳩家畜慰霊塔の場所はこちら
スポンサーサイト
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、セロリをこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く異様に静電気を恐れる正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR