茨城大学内に残る、霞ヶ浦海軍航空隊遺構3

茨城大学にはいくつかの門柱が残っているので紹介する。
今回も紹介するにあたって、こちらのサイトを参考にさせていただいた。

茨城大門柱 (7)士官宿舎の門柱と思われる。

茨城大門柱 (4)
状態は良くない。

貯水池士官宿舎付近には、防火用の貯水池〈防火水槽)跡が残っている。

門柱 (3)こちらは特務士官宿舎の門柱と思われる。特務士官とは、水兵から昇進してきた叩き上げの士官であるが、兵学校出の士官とは明確に区別されていた。なお、昭和17年11月に特務の名称は廃止された。

茨城大門柱 (5)門柱の形だけを見れば、士官宿舎より凝った造りである。

茨城大門柱
向かって右の門柱の状態は悪い、

茨城大門柱 (6)これは、准士官宿舎の門柱と思われる。准士官とは、陸軍は准尉、海軍は兵曹長の事で、半分士官(将校)で半分下士官という、特殊な身分である。

門柱 (2)、使っている石材の問題であろう、こちらの門柱も状態は良くない。

茨城大門柱 (2)
霞ヶ浦海軍航空隊本部正門。

茨城大門柱 (3)
この門柱、「なんとなくそれっぽいから、とりあえず写真だけでも!」的に、撮っておいたのが正解だった。
これも、遺構だったのね!

霞ヶ浦海軍航空隊本部正門の場所はこちら
スポンサーサイト
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR