fc2ブログ

米海軍横須賀基地内にある方位盤

米海軍横須賀基地内には、方位盤が移設されている。
方位盤とは国内外の主要都市の方向が記されており、全国から集まった軍人が故郷の方向を知ることで思いを馳せていた。
元々は海軍士官の親睦団体である水交社の庭に置かれていたが、昭和58年に現在地である、米軍の士官クラブの前に移された。

横須賀オフィサークラブ前方位盤 (1)
現在残っている方位盤

横須賀オフィサークラブ前方位盤 (2)
現在は地面に直接埋められているが

横須賀オフィサークラブ前方位盤 (5)
以前は台に設置されていた。

横須賀オフィサークラブ前方位盤 (4)
当時、日本の領土だったパラオやサイパン、台北の文字が見える。
スポンサーサイト



久里浜緑地に残る海軍の境界石

今回は、私が旧軍遺構を探訪し始めた頃に訪ねた、久里浜緑地(くりはま花の国)付近に残る海軍の境界石を紹介する。、
この付近は、海軍軍需部一課地帯であり、平成19年には付近に多くの境界石が残っていたが、現状は分からない。

久里浜緑地の境界石(海軍) (1)
コンクリート製で型抜きされた境界石。

久里浜緑地の境界石(海軍) (3)
境界に多数残っていた。(ように記憶している。)

久里浜緑地の境界石(海軍) (4)
これは、ここが海軍用地になった時に設置されたと思う、石製の境界石。
波線2本の下に、「海軍」と彫られている。

久里浜緑地の境界石(海軍) (5)
この石製の境界石は造りが丁寧で、角が面取りされている。
すみません、境界石が切れているんですよ・・・

久里浜緑地の境界石(海軍) (6)
別の石製の境界石
こちらも、面取りされている。

横須賀市久里浜に残る高射機銃座?

横須賀市久里浜花の国の外れには、高射機銃座ではないか?と思われるコンクリート基礎がある。
最初は高角砲座かと思ったが、該当する高角砲陣地がなく、該当するのは横須賀地区高射隊、第1高射機銃大隊、第5機銃高射中隊所属の久里浜山機銃砲台か、千駄ヶ崎機銃砲台の銃座だと思われ、両砲台ともに25mm連装機銃を2基装備していたので、これが高射機銃座であれば、どちらかのものであろう。

久里浜高射砲 (5)
高射機銃座と思われるコンクリート基礎

久里浜高射砲 (2)
角度を変えて見る。

久里浜高射砲 (1)
さらにアップで見る。

久里浜高射砲 (3)
砲床(銃床?)部分

久里浜高射砲 (4)
ボルトが残る。

探訪すればハズレもあるさ

京浜急行の電車に乗っていたら、北久里浜駅近くに大きな壕があることに気付いた。
後日、確認に行ったが、ハズレのようである・・・
この趣味をしていると、この手の失敗はよくあるので、今回は敢えて(?)紹介する。

北久里浜外れ (1)
誰でも、横須賀にあり、この規模の壕なら絶対に軍の造った物だと思うだろう。

北久里浜外れ (2)
反対側から見る。

北久里浜外れ (3)
でも、この上に建てられているマンションから駅への通用のために造られた物みたいである・・・
(軍の造った地下壕を流用している可能性もあり)

三浦市油壺に残る震洋基地2

油壺験潮場の西側にも、係船柱が残っている。

三浦市油壺に残る震洋基地2 (2)
係船柱の奥には壕がある。

三浦市油壺に残る震洋基地2 (6)
壕の入り口。素掘りである。

三浦市油壺に残る震洋基地2 (3)
壕の内部。Y字型になっている。

三浦市油壺に残る震洋基地2 (5)
壕に入って左の坑道

三浦市油壺に残る震洋基地2 (4)
こちらは右の坑道
完成前に終戦になったからだろうか?奥行きはほとんどない。

三浦市油壺に残る震洋基地2 (1)
この先(西側)にも、いくつかの係船柱が残っている。
プロフィール

kan

Author:kan
酒とナマコ酢と、ミル貝刺をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。
腰はガラスの腰と言われ、定期的に壊れます!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。誤字や文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR