佐世保市平瀬橋に残る引き込み線鉄橋

佐世保市平瀬橋には佐世保海軍工廠への引き込み線の鉄橋と線路が残っている。

平瀬橋引き込み線 (2)
当時の地図にも載っており、リベット止であることから、引き込み線で間違いないと思う。

平瀬橋引き込み線 (1)
反対から見る。橋脚も当時のままであろう。

平瀬橋に残る引き込み線鉄橋の場所はこちら
スポンサーサイト

佐世保鎮守府凱旋記念館 その3

凱旋記念館は今回の修復で耐震工事を行い、それまでは見れなかった屋根裏や舞台が見れるようになった。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (17)
凱旋記念館当時の天井が一部残されている。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (21)
当時の梁が見える。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (18)
さらに梯子で梁を見せてもらう。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (19)
レンガ造りであることが分かる。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (20)
菊であろうか?細かい装飾が今も残っている。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (23)
柱に付いているリングと桜の花を象った装飾
桜の花に模様が無かったが、取り外してみると裏面に花弁の模様があった。なぜ、裏表が逆になっていたのかは不明

佐世保鎮守府凱旋記念館 (24)
凱旋記念館当時の舞台

佐世保鎮守府凱旋記念館 (30)
舞台脇の小部屋。ほぼ当時のままだと言われる。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (29)
このドア自体も当時のままらしい。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (28)
もちろん、ドア枠の石組も当時の物である。

佐世保鎮守府凱旋記念館 その2

佐世保市民文化ホールは内部の見学も出来る。
ホール使用案内には、ホールを練習または準備で使用の時に一般の見学を認めると明記されているが、催事の時は見学ができない場合があるので、事前連絡をするのが良いだろう。
見学当日は御子様達が習い事で使用していたが、撮影の為に一時、場所を空けて頂いた。貴重な時間を御譲り下さいまして、ありがとうございました。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (5)
内部の様子。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (27)
舞台のアップ。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (26)
舞台の上部にある飾り。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (25)
1階の柱のアップ。こちらにも細工が施されている。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (16)
階段

佐世保鎮守府凱旋記念館 (32)
手摺のアップ。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (31)
正面2階の窓を内部から見る。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (3)
2階正面右のギャラリー部分

佐世保鎮守府凱旋記念館 (22)
1階部分は四角だった柱が、2階では円形になっており、こちらにも細工が施されている。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (1)
こちらは左側

佐世保鎮守府凱旋記念館 (2)
さらに上に通じる階段がある。

佐世保鎮守府凱旋記念館 その1

長崎県佐世保市は海軍の街として知られている。
佐世保は明治22年に鎮守府が置かれて以来、常に日本の海の守りの最前線にある。
日本初の対外戦争となった日清戦争は朝鮮半島が、日露戦争では朝鮮半島と中国が主戦場となり、その後も第1次世界大戦での青島要塞攻略戦や上海事変、日中戦争など海軍の最前線基地として機能してきた。
その役割は現在も変わらず、きな臭い東シナ海の守りを請け負っている。

佐世保市文化ホールは、佐世保鎮守府凱旋記念館であった。
大正3年に始まった第1次世界大戦はヨーロッパを主戦場としていた。日本は傘下に消極的であったが日英同盟を結んでいるイギリスからの要請によりドイツに宣戦布告し、青島要塞、南洋諸島(北マリアナ、パラオ)を攻略した。
その後は、ヨーロッパへの派兵を要請されたがこれを拒否するも、再三にわたる要請によりインド洋や地中海へ海軍の派遣を行った。その際、派遣された佐世保所属の艦艇の活躍を称え、国民の寄付で大正12年に凱旋記念館が建てられ、海軍の催しに使用された。
戦後は米軍に接収され、ダンスホールや映画館に使用されていたが、昭和52年に返還された。
平成9年に国の登録有形文化財となり、平成26年3月から27年11月まで大改修が行われ、耐震工事のほかに、米軍接収時代にペンキで白く塗られた外壁が、当時の外観に戻された。
現在は佐世保市民文化ホールとして、文化、芸術の振興を図るとともに、市民の文化教養の向上のために使われている。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (9)
正面入り口

佐世保鎮守府凱旋記念館 (10)
真正面から見る。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (7)
正面向かって左から見る。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (11)
左側面

佐世保鎮守府凱旋記念館 (12)
左正横から見る。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (14)
側面を近くから見る。細かい細工が施されているのが判るだろう。

佐世保鎮守府凱旋記念館 (15)
側面出入り口付近のアップ

佐世保鎮守府凱旋記念館 (13)
佐世保駅から平瀬町経由で歩いて訪ねると、最初に見える風景

佐世保鎮守府凱旋記念館 (8)
正面の柱には、海軍のシンボルである「桜に錨」の細工がある。

佐世保鎮守府凱旋記念館の場所はこちら
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR