陸軍新田原飛行場

宮崎県児湯郡新富町にある航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地の南西には、掩体壕が残っている。
新田原基地は、昭和15年に陸軍飛行場として完成した様だが、新田原基地HPにも、
昭和15年 陸軍新田原飛行場ができる。
   16年 陸軍挺身練習部及び挺身飛行隊が設置される。
   17年~ 南方方面作戦の基地となる。
   20年 終戦  としか書かれておらず、詳しい事は不明であった。
しかし、こちらのブログ、唐瀬原 ―陸軍落下傘部隊史―軍都川南の記録さんには、基地建設から戦時中の事、戦後の基地解体、再度、航空自衛隊の基地へ生まれ変わる模様を紹介している。
こちらのブログを引用させていただくと、

航空自衛隊新田原基地の前身となったのは、日本陸軍の新田原飛行場です。
この飛行場は熊谷陸軍飛行学校分教場として昭和15年に建設されました。元々は鐘紡系列の昭和産業が養蚕用桑畑を持っていた場所です。
飛行場建設計画が明らかになったのは昭和12年頃で、翌年4月22日には宮崎県から新田村・富田村の双方に軍用地買収が通達されました。
建設工事に着工したのは、買収が完了した昭和14年2月1日のことでした。
完成した新田原飛行場には、部隊の配属が始まります。
昭和16年2月6日、まず西部101部隊(第九航空教育隊)が黒竜江省チチハルから転入。
同年秋には満洲国白城子飛行学校から陸軍落下傘部隊と挺進飛行隊(降下兵の空輸部隊)も移動してきます。
半年間も雪に閉ざされる白城子では訓練もままならず、冬でも気候温暖でパラシュート降下場を確保できる新田原飛行場が新たな訓練地として選ばれたのです。
間近に迫る南方作戦の切り札として、空挺部隊の練成は一刻を争いました。
挺進練習部(空挺部隊)は北側の川南村にある軍馬補充部高鍋支部塩付分厩をパラシュート降下場へ転換。
新田原を離陸した挺進飛行隊は川南上空で落下傘兵を降下させ、それを何度も繰り返す猛訓練が始まりました。
昭和16年末から年明けにかけて、挺進練習部では2個空挺連隊の編成を完結。
これらの聯隊は、後の第1挺進團(挺進第1聯隊および第2聯隊)となります。
昭和17年のパレンバン降下作戦後も、空挺部隊は規模を拡充し続けます。
第1挺進團に加えて第2挺進團(挺進第3聯隊と第4聯隊)が新設されたことで、新田原飛行場は収容能力の限界を迎えました。
空挺部隊の移転先として、塩付パラシュート降下場の周囲には唐瀬原(からせばる)飛行場と訓練施設群が続々と建設されます。
川南村に唐瀬原飛行場が完成したことで、空挺部隊は新田原飛行場から転出。
以降、この川南空挺基地が「空の神兵」の拠点となりました。
5番目の空挺聯隊は茨城県の西筑波飛行場へ移転し、グライダー部隊の滑空歩兵2コ聯隊へと再編されます。
同時に挺進工兵隊、挺進戦車隊、挺進通信隊、挺進機関砲隊、挺進整備隊といった空挺支援部隊群も新設され、陸軍落下傘部隊は師団規模の「第一挺進集団」へと成長しました。
18年に空挺部隊が唐瀬原へ移った後も、新田原は挺進飛行隊の基地として機能し続けます。
唐瀬原飛行場の空挺隊員は日豊線の列車とトラックを乗り継いで新田原飛行場まで移動し、そこから挺進飛行隊の輸送機で離陸。
唐瀬原の塩付降下場へパラシュート降下で帰還するという訓練を繰返していました。
昭和19年11月5日、新田原飛行場を飛び立った挺進飛行隊は第二挺進団「高千穂空挺隊」と共にフィリピンへ展開。
そして、レイテやバゴロドにおける一連の空挺作戦で大きな損害を蒙りました。
フィリピンで戦う第一挺進集團や第二挺進團に続き、残る第一挺進團も本土決戦への準備に取り掛かります。
翌年春、挺進第一聯隊は九十九里浜防衛のため横芝へ展開。5月8日には挺進第一聯隊から抽出された「義烈空挺隊」が唐瀬原飛行場から熊本の健軍飛行場へ移動します。
義烈空挺隊は2週間後の24日に沖縄へ特攻、途中帰還した4機を除く8機112名全員が戦死しました。
残る挺進第二聯隊と挺進戦車隊は米軍九州上陸に備えて宮崎に温存されます。
昭和19年、第9航空教育隊が島根県へ転出。入れ替わるように、陸軍航空通信学校新田原教育隊の700名が転入して来ます。
通信学校は新田原飛行場の北側(新田原基地から県道44号を北上した高台)に駐屯。卒業生は各戦線へ配属され、その多くが戦死しました。
新田原も、戦争末期には特攻隊の基地となっていきます。
昭和20年4月1日に誠第39飛行隊の6名、3日に誠第32飛行隊の6名、6日に誠第36飛行隊の10名、誠第7飛行隊の9名、誠第8飛行隊の7名の特攻隊員38名が出撃。
また、新田原から他の飛行場を経由して出撃した富嶽隊、第32飛行隊、誠第41飛行隊の特攻隊員は33名。
これらの特攻隊員71名全員が戦死しています。
その後、激しい爆撃を受けた新田原飛行場は機能を停止。
やがて敗戦となり、兵士達はそれぞれの故郷へ復員していきました。
昭和20年末に宮崎へ展開した進駐軍は、新田原飛行場も徹底的に破壊します。
再利用ができないよう滑走路は爆破し、周辺は農地として開放されました。


新田原 (4)

掩体壕は基地の近くにあり、上空にはT-4練習機がフライパスしている。
これで、テンションだだ上がり。思わず、翼の凱歌を口ずさむ!

新田原
一番西側に残る掩体壕。典型的な陸軍仕様の掩体壕である。

新田原 (2)
かなり埋まっている様だが、戦闘機などの小型乃至中型機用だろう。

新田原 (3)
上部の様子。掩体壕自体の状態はとても良い。

新田原 (5)
振り返ると2つ目の掩体壕が見える。

新田原 (6)
2つ目の掩体壕に向かう途中、T-4が基地上空で上昇を行い、さらにテンションが上がる。思わず、燃ゆる大空を口ずさむ!

新田原 (8)
2つ目の掩体壕。

新田原 (7)
3つ目の掩体壕に向かう途中には、ファントムの編隊がフライパス。思わず、機上の歌を口ずさむ!

新田原 (11)
3つ目の掩体壕。

新田原 (12)
こちらも状態が良い。

新田原 (9)
さらに、ファントムの編隊が頭上でブレイク。思わず、加藤隼戦闘隊を熱唱する!
新田原 (15)
4つ目の掩体壕。ここに残る掩体壕はすべて原型をとどめている。

新田原 (14)
掩体壕の形状が良く判る。

新田原 (13)
後方から見る。

新田原 (10)
そして、最後にファントムが帰ってきた。

陸軍新田原飛行場掩体壕(一番西)の場所はこちら
スポンサーサイト

赤江海軍航空基地 その3

滑走路の南西約1kmの地点にも、4基の掩体壕が残っている。
空港からひと山(丘)を越えると、それらはある。

赤江掩体壕その4
4基有る中の一番北の掩体壕

赤江掩体壕その4 (2)
ここにある4基は大型機用であり、入口は凸形ではなく、陸軍式の様である。

赤江掩体壕その4 (3)
内部の様子。(許可を得て立ち入ってます。

赤江掩体壕その4 (4)
側面を見る。

赤江掩体壕その5
2つ目の掩体壕

赤江掩体壕その5 (2)
形は皆、同じである。

赤江掩体壕その6
3つ目の掩体壕

赤江掩体壕その6 (2)
2つ目の掩体壕のすぐ隣にあり、迷う事はないだろう。

赤江掩体壕その6 (3)
側面を見る。大きすぎて全体が入らなかった。

赤江掩体壕その6 (4)
後ろから見る。この掩体壕が一番見やすい。

赤江掩体壕その6 (5)
2つ目と3つ目の掩体壕の位置関係が判るであろう。


赤江掩体壕その7
4つ目の掩体壕。これは前部は取り壊され、後部しか残っていない。

赤江掩体壕その7 (3)
正面向かって左の破壊面

赤江掩体壕その7 (4)
こちらは右側

赤江掩体壕その7 (5)
破壊面のアップ。非常に細い鉄筋が入っている。

赤江掩体壕その7 (6)
所有者の方の御好意で、掩体壕に登らせてもらう。

赤江掩体壕その7 (2)
掩体壕の上から飛行場方向を見る。途中に丘があるのが判るだろう。この付近の掩体壕に格納する際は、迂回してきたのだろう。

赤江海軍航空基地 その2

弾薬庫と言われる遺構の近くには掩体壕が残っている。
当日は雨で、とても暗かった。ただ当日(1月6日)は暖かく、雨に濡れても寒くなかったのが救いだった。
今回も見た順に紹介する。

 赤江掩体壕1つ目
西側の掩体壕。この時が雨のピークだった。

 赤江掩体壕1つ目 (4)
真横から見る。海軍特有の2段式の作りである。

 赤江掩体壕1つ目 (3)
若干であるが、崩壊が始まっている。

 赤江掩体壕1つ目 (2)
正面から見る。

 赤江掩体壕1つ目 (5)
戦闘機または、艦上攻撃機用の掩体壕だと推測する。

赤江掩体壕2つ目
北側の掩体壕がすぐ近くに見える。

赤江掩体壕2つ目 (3)
こちらも西側の掩体壕と同じ形である。

赤江掩体壕2つ目 (4)
西側よりは状態が良い。

赤江掩体壕2つ目 (2)
横から見ると小山の様である。

赤江掩体壕その3
南側の掩体壕

赤江掩体壕その3 (2)
付近には何かの基礎だと思われる、コンクリートが残っている。

赤江掩体壕その3 (3)
正面入口は破壊されており、凸形ではなく、陸軍式の様になっている。

赤江掩体壕その3 (4)
3基とも同じ造りだと思われる。

滑走路北側に残る掩体壕(西側)の場所はこちら

赤江海軍航空基地 その1

宮崎ブーゲンビリア空港は赤江海軍航空基地であった。
赤江飛行場は昭和16年に建設が開始され、昭18年12月に完成。陸上攻撃機実用機教程練習航空隊である、宮崎航空隊が発足した。しかし昭19年8月に練習航空隊は松島に移転。
以後は実施部隊の基地となり、南九州の前線基地として、また、沖縄方面へ向かう特攻機の中継基地としても使用された。
現在は、門柱や掩体壕、弾薬庫などの遺構が残る。

悲報
いきなりではあるが、宮崎市中西町には弾薬庫と言われる遺構が残っていた。
これは、赤江飛行場防備のため、この付近に高角砲陣地があり、その弾薬庫だったようであるが、私が訪ねる数ヶ月前に取り壊されたそうである・・・
この日、最初の遺構訪問は残念な結果に終わった・・・
航空写真で場所も特定していたのに・・・

赤江弾薬庫1
現在の様子。

赤江門柱(4)
宮崎特攻基地慰霊碑の入口には、宮崎航空隊の門柱がある。

赤江門柱
入口左の門柱

赤江門柱 (3)
裏側に表札を埋め込んでいた凹みがある。

赤江門柱 (2)
もう一つの門柱。こちらにも凹みがある。この門柱はオリジナルの場所であろうか?

赤江弾薬庫1 (4)
滑走路の北西には掩体壕と弾薬庫と言われる遺構が残っている。
訪ねた順に紹介していく。
最初に見つけた弾薬庫と言われる遺構。
ここでもトラブルが・・・遺構の西側に踏切があるのだが、最近、道が新しくなったようで、ナビ通りに行ったら行き止まりになってしまった。仕方ないので迂回したら、今度はナビがパニクって、元の道に戻そう戻そうとし、完全に迷子状態に・・・
仕方ないので、車を止めたところ、偶然見つけた。

赤江弾薬庫1 (2)
かなり小さい。

赤江弾薬庫1 (3)
今は露出しているが、埋められていたと思われる。

赤江弾薬庫2 (3)
さらに北側にも弾薬庫と言われる遺構が残っている。道路からも良く見える。

赤江弾薬庫2 (4)
この遺構には窓のような開口部がある。

赤江弾薬庫2
奥にはもう一つの遺構が見える。

赤江弾薬庫2 (2)
2つの遺構の位置関係が判るだろう。

赤江弾薬庫2 (6)
反対側から見る。

赤江弾薬庫その3
もう一つの弾薬庫と言われる遺構。現在、この4つの弾薬庫が残っているようである。

赤江弾薬庫その3 (3)
入口部。

赤江弾薬庫その3 (4)
内部の様子。

赤江弾薬庫その3 (5)
付近にはコンクリート製の貯水槽と思われる物があるが、当時の物かは不明。

赤江弾薬庫その3 (2)
宮崎空港から離陸していく飛行機が見える。

宮崎航空隊門柱の場所はこちら

都城連隊将校集会所

駐屯地内には将校集会所も残っており、外来宿舎となっている。
数年前まで砲廠や厩舎が残っていた様だが、老朽化により最近取り壊された。

都城将校集会所 (2)
将校集会所 明治41年建築

都城将校集会所 (4)
正面入口部分のアップ

都城将校集会所 (6)
扉のアップ

都城将校集会所 (9)
廊下部分

都城将校集会所 (7)
駐屯地の外からも見る事が出来る。

都城将校集会所 (10)
さらに駐屯地外周を歩くと、当時の建物と思われる物を発見した。駐屯地の方に聞くと、当時の物ではあるが、改修されており、当時の物は骨組みだけの様だ。
探せばまだ見つかるかもしれなかったが、時間の関係上、兵営跡地の外周はすべて回れなかった。

都城将校集会所 (8)
駐屯地を囲む土堤は当時の物であろう。

都城将校集会所
都城歩兵連隊之跡の碑

都城将校集会所 (5)
行幸記念碑 昭和10年11月、陸軍特別大演習のため、昭和天皇(大元帥陛下)が都城に行幸されたのを記念して、昭和11年に建てられた。

都城将校集会所 (3)
大元帥陛下行幸記念碑 側面には昭和10年11月と彫られているが、詳細は不明。
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、セロリをこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く異様に静電気を恐れる正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR