高知陸軍墓地 その2

前回は、墓地周辺の遺構を紹介したので、今回は慰霊碑と個人墓を紹介する。

高知陸軍墓地 (7)入口入ってすぐの風景。手前の燈篭は昭和17年に建てられた。

高知陸軍墓地 (4)正面向かって左には、手水台があり、その奥に個人墓が並ぶ。

高知陸軍墓地 (8)
正面奥には忠霊塔が聳える。

高知陸軍墓地 (9)
日露役戦歿者墓碑 昭和14年11月建立

高知陸軍墓地(16)
満州事変戦歿将士合葬之墓 昭和8年9月建立

高知陸軍墓地 (12)入口方向から見た個人墓

高知陸軍墓地 (11)奥から見る。前に将校の、後ろに下士卒の墓がある。明治37年8月、旅順要塞東鶏冠山と彫られた墓石が多数見られた。

高知陸軍墓地 (14)見ての通り、状態は悪い。個人墓が作られたのは、初期の戦死者のみであろう。

高知陸軍墓地 (13)非常に残念な光景である。
スポンサーサイト

高知陸軍墓地 その1

高知市朝倉には、高知陸軍墓地が残っている。
さて、高知陸軍墓地を訪ねたのが、5月半ばであったが、とにかく蚊が凄かった!
写真を撮ろうと止まると、何匹も身体にとまり、あっという間に数か所を刺されてしまった。
あまりの痒さに士気が下ってしまったのと、ゆっくり撮影や墓石を拝んでいると、全身刺されまくりになるので、早々に退散してしまった・・・

高知陸軍墓地朝倉中学校の南側にある入口

高知陸軍墓地 (3)
階段を登ると左手には、陸軍省所轄地の境界石がある。

高知陸軍墓地 (5)陸軍墓地の門柱

高知陸軍墓地 (6)
表札には、陸軍墓地の文字が残る。

高知陸軍墓地 (15)
裏門と思われる門柱も残っている。

高知陸軍墓地 (2)
さらにこちらにも、境界石がある。(個人宅の隣にあり、ワンちゃんに、これでもか!ってくらい吠えられます・・・)

高知陸軍墓地 (10)当時の物と思われる、境界塀。

高知陸軍墓地の場所はこちら

歩兵第44連隊 

JR土讃線朝倉駅の南に位置する、高知大学のキャンパスは、かつて、歩兵第44連隊の兵営で有った。
歩兵第44連隊は、第11師団新設のために創設された連隊で、明治31年3月に軍旗を拝受した。
日露戦争では、旅順攻略戦に参加し、多大な被害を受けた。
大正期にはシベリア出兵に参加。
日中戦争では上海方面の作戦に従事、昭和14年には満州東部に駐劄、以後、現地での警備任務に就く。
昭和20年4月、本土防衛のために四国へ転用され、高知において本土決戦の準備にかかるが、敵と会戦前に終戦を迎える。
多くの部隊が、南方や大陸で玉砕する中、わが郷土で戦火を交えることなく終戦を迎えた、幸運な連隊である。

歩44 (4)キャンパスの北東には、当時の境界塀と思われる古い塀が残っている。

歩44 (3)内側から見る。

歩44 (5)古くから住む人の話では、この庭園も連隊当時の物らしい。将校集会所の庭園か?

歩44
軍人勅諭御下賜50周年を記念して、営門南方に建立した記念碑。しかし、終戦後にはその場に、放置埋没されていたのを、昭和33年に陸軍墓地に移設した。

歩44 (2)
碑のアップ。軍人勅諭の5ヶ条が彫られている。

歩44 (6)キャンパス内に残るセンダンの大木。キャンパス内には何本かのセンダンの大木が残っており、これらは連隊当時から有った物らしい。

歩44 (7)高知大学に隣接する一角には、弾薬庫と言われる建物が残っている。

歩44 (8)現在、この建物は使われておらず、保存運動があるようだが、場合によっては近年に取り壊されたしまう可能性もある。

高知陸軍病院また、兵営の南方に陸軍病院が有った。この橋は詳細不明だが、欄干に赤十字が飾られている。それなりに古いので、陸軍病院の物かもしれない。

歩兵第44連隊弾薬庫の場所はこちら

南国市十市に残るトーチカ群

南国市十市の山中にも、トーチカが残っている。
今回も、春野公麻呂氏著「四国の戦争遺跡ハイキング」を参考にした。
付近の山中には、まだ多くの防御陣地があるようだが、今回訪ねたのは、ここのみである。

十市トーチカ (11)さて、行き方であるが、場所が特定できてないと、行き着けないだろう。
住人の方がいらっしゃったので、お宅の敷地内を通していただき、また、付近のお話を伺う事が出来た。
(誰もいない時は、立ち入らない様にしてください。)

十市トーチカ (10)お宅の裏にある道を登ると、

十市トーチカ (9)大きな木に行き着く。写真右方向に行くと

十市トーチカ (8)最初のトーチカがある。訪ねたのが5月半ばだったので、草に覆われてしまっている。

十市トーチカ (7)大きな木の陰に隠れて見えないが、竹で造られた階段を登り、左方向に行くと、2つ目のトーチカがある。

十市トーチカトーチカの正面。状態は良い。

十市トーチカ (2)さて、ここに残るトーチカは、山の斜面に窪地を作り、その前面と上部にのみ防護壁を備えている。

十市トーチカ (3)トーチカの背面。各トーチカはお互いを援護する位置には無く、戦闘に入ると孤立する。

十市トーチカ (4)2つ目のトーチカの背後には、塹壕が掘られている。

十市トーチカ (6)塹壕に沿って斜面を登ると、尾根には大きな窪地がある。指揮所(監視所)または、兵員待機所だろうか?

十市トーチカ (5)そこから急な下りの塹壕を降りて行くと、

十市トーチカ(12)3つ目のトーチカがあるが、こちらは崩れてしまっている。3つのトーチカは同型だと思われる。

十市トーチカ(13)この崩れたトーチカの背後には、2つの壕がある。

トーチカの入り口はこちら

南国市前浜に残るトーチカ

太平洋戦争末期、鹿児島、遠州灘、相模湾、九十九里浜などと並んで、土佐湾も米軍の上陸地点と予想され、多くの沿岸防御陣地が造られた。そのうちの1つが、前浜に残っている。

前浜トーチカ (6)海岸線に1基だけ残っている。

前浜トーチカ (2)正面から見る。これは銃眼ではなく、監視窓ではなかろうか?

前浜トーチカ右斜め前方から見る。高さがあるのが特徴だ。

前浜トーチカ (3)左斜め前から見る。左右斜め前方に向けて大砲用の開口部がある。

前浜トーチカ (7)右斜め後方から見る。トーチカの形が良く判るであろう。

前浜トーチカ (4)背面の出入り口

前浜トーチカ (5)内部の様子

前浜のトーチカの場所はこちら
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、セロリをこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く異様に静電気を恐れる正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR