FC2ブログ

御籠島穹窖砲台

四国の最西端は佐田岬であることは知られているが、その先に御籠島がある。
御籠島には穹窖砲台があり、現在は観光スポットとして整備されており、自由に見学できる。
以前に訪問した際は見学できなかったので再訪した。
Wikipediaには、佐田岬第3、第4砲台との記載があり、このどちらかが、この砲台だと思われるが、「日本築城史」では、 佐田岬第3、第4砲台は別の場所にあるように記載されており、別府 大学史学研究会戦史研究室の論文には、単に新砲台と記載されている。
鶴見崎第2砲台の記事に「鶴見崎第2中隊(12cm榴弾砲4門)を佐田岬に配備変更に決定し、昭和20年3月、配備を変更す。」と記載したが、その砲が配備されたと思われる。

御籠島砲台 (2)
佐田岬先端から御籠島を見る。以前は島であったが、戦後に岬と島の間に畜養池を作った際に陸続きとなった。
砲台建設の際は間にワイヤーを張り、資材を搬送したらしい。
そして、写真手前には

御籠島砲台 (1)
かなり古い物ではあるが、違うか。(念のため)

御籠島砲台 (10)
砲台内部。当時の雰囲気はない。

御籠島砲台 (3)
現在の出入口は観光スポットとして整備した際に作られたもので、本来の出入り口はこの先にあったらしい。

御籠島砲台 (4)
さらに進むと右翼砲座に行き着く。

御籠島砲台 (5)
右翼砲台。当時の迷彩が今もなお残る。

御籠島砲台 (6)
左側面はコンクリート造りだが、

御籠島砲台 (7)
右側面は自然石のままである。これは敵が左方向から北上して来るため、視認性を考慮したのだと思われる。

御籠島砲台 (9)
左翼砲座。38式12cm榴弾砲のレプリカが置かれており、他の砲台やトーチカで見られる駐鋤(ちゅうじょ)溝(扇形の溝)の用途がよく分かる。

御籠島砲台 (8)
砲側弾庫

御籠島砲台 (11)
御籠島展望所から砲座を見る。

御籠島砲台 (12)
振り返り、佐田岬灯台方向を見ると、佐田岬穹窖砲台が見える。

御籠島砲台 (13)
アップで見る。クマさんに見えるでしょ?

御籠島穹窖砲台の場所はこちら
スポンサーサイト



佐田岬穹窖砲台

佐田岬の先端部には、戦争末期に作られた穹窖(洞窟)砲台が残っている。12cm榴弾砲が備砲されていた様だが、詳細は不明。

佐田岬穹窖砲台灯台から見た、穹窖砲台。
下まで降りて写真を撮っている人もいるようだが、私はパス。
灯台の下に2門と、この先にも2門あるようだが、養殖場(水産研究所?)のいけすがあり、鍵が掛っていたので行けなかった。

詳しくはこちらを参照されたい。

佐田岬砲台掩灯所

佐田岬第1砲台から、さらに岬の先端に進むと、掩灯所(探照灯格納庫)がある。

佐田岬探照灯 (4)キャンプ場に残る遺構。発電機が備えられていたらしい。

佐田岬探照灯 (6)内部の様子。

佐田岬探照灯 (5)ここにも、この様式の擁壁が使われている。

佐田岬探照灯 (7)キャンプ場から先に進むと、当時の物と思われる塀がある。

佐田岬探照灯 (8)掩灯所に着くと最初に見える遺構。詳細不明だが附属品の格納庫か?

佐田岬探照灯掩灯所(探照灯格納庫)。

佐田岬探照灯 (3)探照灯は移動式で、掩灯所の周囲には環状レールが敷いてあった様だ。

佐田岬探照灯 (2)反対側を見る。

佐田岬第1砲台

佐田岬第1砲台観測所の先には、砲座が残っている。
先に申しあげておくが、今回のレポートは否定的になっている事をお詫びする。

佐田岬第1砲台は大正13年に起工、昭和元年(大正15年?)に竣工した、15cmカノン砲4門を装備する砲台である。
大正末期から昭和初期に作られた砲台はいくつかあるが、砲塔砲台が多く、露天砲台で私が訪れた物は、金谷砲台と、洲崎第1砲台くらいであろうか。
現場に着いてまず思ったのは、「えっ、ここ?」「違うでしょ?」であった。
まず、砲座の位置が不明である。正確に言うと、揚弾口と言われる遺構が残っているが、到底ここに備砲していたとは思えない場所に残っている。戦争末期に作った砲座なら有り得るかもしれないが、場所といい、地形といい、計画されて作った砲台とは思えない場所である。
過去に訪ねた成山第1砲台も、状態が悪かったが、それでも砲座の位置などは確認できた。しかし、ここはそれすらも確認できない。
ただ、いくら否定しても遺構が残っているので、ここが砲台だった事は間違いないのだろうが、何とも解せない・・・

佐田岬第1砲台砲座 (5)砲床かと思われる石積み。しかし、周りの感じではとても砲座とは思えない。

佐田岬第1砲台砲座 (2)揚弾口と言われる遺構。

佐田岬第1砲台砲座内部を見る。

佐田岬第1砲台砲座 (6)さて、この下に弾薬庫があるのだが、開口部がここしかない様で、揚弾、給弾と出入り口を兼ねている様である。

佐田岬第1砲台砲座 (3)弾薬庫

佐田岬第1砲台砲座 (8)至る所で見られる石積み。ただ、戦争末期ならいざ知らず、ちゃんと計画された砲台の擁壁や砲座とは思えないのだが・・・

佐田岬第1砲台砲座 (4)これは佐田岬砲台関連の遺構に見られる擁壁なので、砲台関連の物だろう。

また、軍道から砲座や給弾口までの道もはっきりしていない。本当なの?が感想である。
否定ばかりですみません!

佐田岬第1砲台観測所

砲台看守小屋(弾磨き所?)の先の、軍道を進むと観測所がある。

佐田第1砲台観測所 (7)観測所への登り口

佐田第1砲台観測所 (6)観測所入り口。さて、先に紹介した第2砲台観測所もそうなのだが、観測所までのちゃんとした道が無く、この観測所は山の斜面を登って行く。最初からそうなのか、飛行機が発達して、道路があれば観測所の場所が特定されるから、無くしたのかは不明。

佐田第1砲台観測所入口に入ると階段がある。

佐田第1砲台観測所 (5)観測所入り口。こちらも壁には迷彩が綺麗に残っている。

佐田第1砲台観測所 (2)入ってすぐ、観測窓と測遠器台がある。

佐田第1砲台観測所 (3)その右には、副室がある。

佐田第1砲台観測所 (4)副室にも窓があるが、なぜこのような造りかは不明。第2砲台観測所も同様の造りと思われる。
プロフィール

kan

Author:kan
酒とトリ貝刺と、南蛮漬けをこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR