fc2ブログ

大津島回天基地 その3

回天発射場(元々は魚雷発射場)と整備場はトンネルで繋がっていて、トロッコに載せて移動させていた。

大津島その3
トンネルの入り口

大津島その3 (3)
内部の様子。トロッコのレールを埋めた跡が判る。

大津島その3 (7)
途中に出入り口があり、戦争末期は対空指揮所になっていた様だ。

大津島その3 (5)
ここから見た、発射場

大津島その3 (6)
トンネル内には一部広くなっている場所があり、ここでトロッコをすれ違わせた。

大津島その3 (8)
ここには当時の写真が展示してある。

大津島その3 (9)
トンネルの出口

大津島その3 (10)
トンネル出口から見た発射場

大津島その3 (4)
発射場のアップ。

大津島その3 (2)
正面から見る。

大津島その3 (12)
以前は、中央にあるこの穴から酸素魚雷を海面に降ろしていたが、酸素魚雷を改造した回天は、ここからは降ろせず、別のクレーンを使って海面に降ろした。

大津島その3 (11)
クレーンは残っていないが、基礎が残っている。

多くの若者がこの地で訓練し、ここから出撃、祖国のために命を捧げたことを忘れてはならない。

遥かなる 都の方を仰ぎ見て 堅く誓はん必殺の雷

海軍中尉(戦死後、少佐)勝山 淳 
多聞隊員として、昭和20年7月16日、伊号第53潜水艦で大津島を出撃
昭和20年7月24日沖縄にて駆逐艦に突入 享年20歳
スポンサーサイト



大津島回天基地 その2

回天記念館には、回天の部品が展示されている。
また、整備場から記念館に向かう途中には、魚雷見張り所への登り口がある。

大津島 その2 (4)
話が前後してしまうが、大津島に向かう徳島港のフェリー乗り場付近には、映画「出口の無い海」で使われた、回天のレプリカが置いてある。

大津島 その2 (6)
回天記念館前にある回天。こちらもレプリカである。

大津島 その2 (8)
こちらは、実物の尾部

大津島 その2 (7)
もう1つ、尾部がある。

大津島 その2 (9)
館内に展示されている潜望鏡と

大津島 その2 (10)
ハッチ

大津島 その2 (2)
魚雷見張所 これは魚雷発射試験場が出来た際に、建てられた物である。

大津島 その2 (3)
内部がレンガで、モルタルを貼っているのが判る。

大津島 その2 (5)
内部の様子

大津島 その2
見張り所からの眺め。

大津島回天基地

先にも書いたように、大津島(おおづしま)は回天の島として有名であり、回天記念館も建てられている。
ただ、多くの文献やサイトで、大津島回天基地との記述を目にするが、当時の文書には「光突撃隊大津島分遣隊」や「光部隊大津島分遣隊」、「光嵐部隊大津島分遣隊」と書かれており、回天基地は戦後の呼び名であると思われる。
大津島には昭和12年に、93式酸素魚雷の発射試験場が作られた。(案内板が2つあり一方は12年と、もう一方には14年と書かれている。)それまでは呉で試験が行われていたが、遠距離射線を備えたこの発射場が完成してからは、ここで発射試験が行われた。
昭和19年9月に回天基地となり、訓練が開始された。
この地が回天基地に選ばれた理由は、回天は93式酸素魚雷を元に開発されており、93式酸素魚雷の整備施設があり、これが流用出来たからであろう。(案内板より一部抜粋、加筆)

大津島回天その1 (9)
大津島公園には、門柱が残っている。

大津島回天その1 (4)
調整場のあった場所は、大津島中学校になっており、いくつかの遺構が残っている。
これは変電所。
(当日は夏休み期間であり、生徒がいなかったので、教職員の方に許可を頂き、立ち会いのもと撮影しています。)

大津島回天その1 (5)
危険物貯蔵庫

大津島回天その1 (6)
点火試験場

大津島回天その1 (3)
大津島中学校の周りには、当時の塀が残る。

大津島回天その1
塀を外側から見る。

大津島回天その1 (7)
点火試験場の奥には、兵舎に向かう階段がある。

大津島回天その1 (2)
上から見る。この階段は訓練にも活用され、「地獄の階段」と言われていたらしい。

大津島回天その1 (8)
すべり。補修されているが当時からの物だろう。
これは当時の物ではないとの、ご指摘をいただきました。

大津島回天その1 (10)
フェリー乗り場の向かいには、航空機搭乗員待機所が残っているが、今は何が何だか状態である。
冬場なら、見えるかもしれない?

大津島高角砲台3 砲座

指揮所から更に登ると、砲座がある。
この砲台は、12.7cm連装高角砲が3基と、13mm単装機銃が装備されていたらしいが、確認できるのは3つの砲座である。
砲座はコンクリート製で(フェリー待合所の人の話では、レンガで出来ているらしい)、状態は悪くない。また、今は通れないが、指揮所と各砲座は地下通路で通じているとの事である。

大津島砲座
1つ目の砲座。かなり埋まってしまっているが、掘り起こせば、状態は悪くないだろう。

大津島砲座 (5)
砲座へ降りる階段。他の砲座は立ち入り禁止の看板が有ったが、この砲座には無かった。
この砲座だけは大丈夫なのか?それとも、看板が無くなっているだけなのか?

大津島砲座 (7)
これが地下通路の出入り口?

大津島砲座 (6)
砲座への出入り口なのか?

大津島砲座 (3)
砲床、冬場なら形状が確認できるかも?

大津島砲座 (2)
2つ目の砲座

大津島砲座 (4)
3つ目の砲座

大津島高角砲台2 指揮所

大津島高角砲台1 (6)
兵舎跡から先は舗装されていない道が続く。道は所々、掘り返されておりイノシシがいる様だ。(後から聞いたら、島内でよく見かけるとの事・・・)

大津島高角砲台2 (6)
登る事数分で指揮所に着く。これも、案内板があるので迷う事はないだろう。

大津島高角砲台2 (2)
指揮所には、一段高い塔がある。

大津島高角砲台2 (5)
正面の入口

大津島高角砲台2 (4)
指揮所の一部がモルタル貼りだったのか、それとも剥がれただけか?

大津島高角砲台2 (3)
内部の様子。

大津島高角砲台2
正面を反対から見る。
車で送ってくれた待合所の方は、「この砲台を作る時、私は子供でレンガを何個か持って、何度も往復した。手伝うと、お駄賃がもらえたので、それで飴玉を買った。」と教えてくれた。
プロフィール

kan

Author:kan
酒とナマコ酢と、ミル貝刺をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。
腰はガラスの腰と言われ、定期的に壊れます!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。誤字や文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR