歩兵第25連隊

歩兵第25連隊は、明治29年5月に第7師団増設に伴い、独立歩兵第1大隊として、札幌連隊区司令部内に創設され、その後、月寒に移転した。明治32年、歩兵第25連隊第1大隊と改称し、逐次増設、明治32年に軍旗を親授され、明治35年に編成を完了した。日露戦争では、第3軍隷下として旅順攻略戦に参加、203高地を攻略した。
余談ではあるが、映画「二百三高地」では、敵塁を占領し、連隊旗を振るも、連隊旗を敵兵に奪われ破られてしまうが、再奪取しボロボロの連隊旗を天高く振るシーンが印象深い。
その後は奉天戦に参加し、明治39年3月凱旋帰国した。
大正6年から2年間は満州に、9年から1年間沿海州に派遣された。
その後は、連隊の一部が派遣され戦闘に参加するも、連隊としては派遣されていない。
昭和11年に札幌で行われた、最後の陸軍特別大演習に参加する。
昭和13年に連隊は満州に移駐し、徐州会戦、張鼓峰事件、ノモンハン事件に参加し昭和15年10月帰国、その後に編制替えを行い、樺太に移駐し、以後、樺太警備に当たる。
昭和20年8月9日、ソ連軍が不可侵条約を一方的に破棄して侵攻を開始、終戦後も攻撃を行うために、これを迎撃し、23日に停戦が調停されるまで、戦闘を続けた。
この歩兵第25連隊の遺構は、ほとんど残っていないが、わずかな遺構を紹介する。

歩兵第25連隊
営門の松 明治29年、独立歩兵大隊が置かれ後に歩兵第25連隊に改編された。この兵営正門(営門)前に植えられた2株の松の1つが今に残っている。この門から多くの兵士が出征、凱旋するのを見守った松である。
(豊平区HPより転記)

歩兵第25連隊 (5)
艱を快となす(む?)の石碑 連隊長 山田 虎夫と書かれている。山田連隊長は、明治44年12月から大正5年8月までの長きにわたり連隊長を務めた。(これ以降は、つきさっぷ郷土資料館にて展示されている。)

歩兵第25連隊 (2)
読み難いが、即位式大典記念・・・大正5年3月・・・と彫られている。

歩兵第25連隊 (3)
これは、昭和11年に行われた陸軍特別大演習に昭和天皇が来訪された事を記念し建てられた、記念碑の碑文である。石碑は無くなったが、この部分だけ残ったのであろう。

歩<br />兵第25連隊 (4)
こちらも同じく、陸軍特別大演習に昭和天皇が来られた事を記念した碑の碑文であろう。

歩兵第25連隊営門の松の場所はこちらだったはず・・・
スポンサーサイト

元町海岸に残るトーチカ

JR室蘭本線 苫小牧駅の南西約1.5km、元町の海岸線にも機関銃用のトーチカがある。

元町海岸 (6)トーチカは半分埋まってしまっているが、チンタ浜踏切近くのトーチカJR汐見駅近くのトーチカとほぼ、同型だと思われ、
それから推測すると、1m程は埋まっている。
このトーチカを探す目印は、後ろに写っているアンテナ(携帯電話用?)である。

元町海岸 (4)銃眼付近まで埋まってしまっている。これは自然に埋まったのではなく、土地造成した際に埋められたのだろう。

元町海岸 (2)このトーチカも鉄筋は入っていないのか?

元町海岸さて、このトーチカであるが、銃眼は海に向かってなく海岸線と平行である。
側射用のトーチカだったのだろうか?そうだとしたら、このトーチカを援護射撃するトーチカが付近に有ったのだろう。

元町海岸 (3)背面の出入り口。チンタ浜踏切近くのトーチカとは左右逆である。

元町海岸に残るトーチカの詳しい事はこちら

さて、今まで紹介した以外にも厚真町厚和に2基のトーチカが残っているらしいが、南側に有る41式山砲のトーチカは牧場の中に有るために捜索を断念、また、ホワイトファーム札幌食品工場内に有る94式山砲のトーチカは、
見学を申し込んだところ、この工場が鶏肉の育成・処理・加工を行っており、鳥インフルエンザ蔓延防止のために、
立ち入りを断られた。今後も見学を許可する予定はないとの事なので、注意されたい。

苫小牧市植苗のトーチカ

苫小牧港の北方約2km、苫小牧市植苗にも41式山砲のトーチカが残っている。
地名は植苗だが、最寄駅は「植苗」駅ではなく「沼ノ端」駅である。

植苗 (2)ゴルフ場の看板のある入口から林道を進むと、右手にトーチカの一部が見える。

植苗砲口部は、草が茂っていて肉眼では確認できるが、写真では判らない。
これも静川のトーチカと同じく、当時の姿に近いのではないだろうか?

植苗 (3)来た道を戻ると、入口がある。

植苗 (5)入口は半分土砂で埋まってしまっていて、左右に小部屋が有る。

植苗 (4)内部にも、土砂が入りこんでしまって砲床の状態は確認できなかった。

41山砲41式山砲

苫小牧市植苗トーチカの詳しい事はこちら

苫小牧市静川トーチカ

静川綱木トーチカの南東約1.3kmの位置にあるトーチカ。ここも1式機動47mm砲が備えられていた様だ。
野球場のバックネット裏にあり、付近には戦車壕があるらしいが、この情報がピンチを招く。
勇払平野のトーチカ巡り一の苦戦を強いられる。

静川トーチカバックネット裏から入るとすぐに有る壕。
結論から言うと、この先にトーチカがあるので、交通壕だったのだろうが、これを戦車壕と勘違いしてしまい、大苦戦に陥る。

静川トーチカ (3)さらに斜面を登ると、写真では見難いが交通壕が掘られている。

静川トーチカ (7)30分程、茂みの中を彷徨い、もう諦めようと思った時、足元に通気口を発見。

静川トーチカ (5)砲口部をやっと見つける。これだけ近距離で見つからないと言う事は、本来の姿なのだろう。

静川トーチカ (2)内部に入ろうと思ったが、断念する。

静川トーチカ (4)砲口部から中を見る。静川綱木トーチカとほぼ同型であろう。

静川トーチカ (6)トーチカは、この写真の真ん中付近にある。

1式機動47mm砲1式機動47mm速射砲

静川トーチカの詳しい事はこちら

苫小牧市静川綱木のトーチカ

苫小牧市東端の静川には石油備蓄基地があり、その西方には1式機動47mm速射砲用のトーチカが有る。

静川綱木 (7)トーチカは森林の中にある。場所さえ間違ってなければ、すぐに見つかる。

静川綱木 (3)トーチカ正面から見る。通気口の高さまで土が覆っていたのだろう。

静川綱木 (6)右方向から見る。砲口部は半分埋まってしまっている。

静川綱木内部の様子。このトーチカも1式機動47mm速射砲が装備されていたようで、大きさも鵡川河口に残るトーチカ
ほぼ同じだと思う。

静川綱木 (2)出入り口はかなり、土砂で埋まってしまっている。
写真右奥には砲側庫と思われる小部屋があるが、コウモリがいたので、ダッシュでスルーした。

静川綱木 (5)砲口部のアップ

1式機動47mm砲1式機動47mm速射砲

静川綱木 (4)さて、このトーチカの場所であるが、(平成23年7月中旬の時点で)道路舗装の境目があり、その付近に有る。
写真奥、森に入ってすぐに並行している獣道があり、30mほど南に進めば見つかるだろう。

苫小牧市静川綱木トーチカの詳しい事はこちら
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く橋本環奈が大好きな正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR