fc2ブログ

失われた遺構 歩兵第33連隊兵舎

陸上自衛隊久居駐屯地はかつて、歩兵第51連隊の兵営であった。

歩兵第51連隊は明治38年に編成され、7月に樺太に派遣された。
明治41年に新兵営である久居に移転した。
大正14年の軍縮により、連隊は廃止となり、名古屋の守山から歩兵第33連隊が移転してきた。
その後、連隊は昭和4年2月から昭和6年4月までの約2年、満州駐箚となる。
昭和9年、再び満州駐箚となり、チチハルへ転進し、北満第1次、第2次討伐作戦を行い、昭和11年7月に凱旋した。
しかし、1年後の昭和12年7月、日中戦争が勃発すると連隊は9月に出発し、大陸に上陸し南京を目指した。
12月10日、南京総攻撃が開始され、連隊は紫金山を攻略し、かくて南京は落城した。
13年1月、河北省に転進し、5月に徐州会戦、8月からは武漢攻略戦、11月に漢口入城、昭和14年5月の喪東会戦を経て、8月に凱旋した。
昭和16年9月に動員が下令され、11月に名古屋港を出港。パラオで訓練を行い、ルソン島へ向かう。
太平洋戦争開戦後の12月12日、レガスビーに上陸しマニラを目指す。
昭和17年1月にマニラを陥落させ、連隊主力はマニラ南方の警備を、第2大隊はバターン半島攻略戦に参加。
2月に連隊はミンドロ島作戦に参加、北部ミンドロを制圧し、3月には第2次バターン攻略戦に参加し、米軍を降伏させた。
5月にはコレヒドール要塞が陥落し、以後はバターン半島、マニラ湾口要塞、コレヒドール要塞を警備する。
昭和18年はルソン島の掃討作戦に専念した。
昭和19年9月、連隊はレイテ島に向かい、米軍の上陸に備える。
10月17日、米軍による攻撃が始まった。20日には上陸開始、物量にまさる敵に死闘を繰り返すも、次第に戦力は失われ、連隊この地で玉砕した。

現在、兵営跡は陸上自衛隊第33普通科連隊の駐屯地となり、郷土の誉れを受け継いでいる。
この兵舎も、歩兵第51連隊の新兵舎として建てられたものと推測するが、一般的に使われている歩兵第33連隊兵舎として紹介する。
いかに紹介する遺構は残念ながら取り壊されている。(平成24年6月撮影)

久居33連隊兵舎 (2)
木造兵舎。詳細は不明だが、三重県のHPには、「大正初期建造の2階建て木造建築で、歩兵・砲兵・通信班兵舎として使用されていた。」と書かれている。

久居33連隊兵舎 (8)
反対から見る。

久居33連隊兵舎 (4)
馬具庫だろうか?厩舎の隣の建物。

久居33連隊兵舎 (7)
厩舎
スポンサーサイト



尾鷲市に残る、軍艦の菊の御紋章

三重県尾鷲市北浦町にある、曹洞宗護国山金剛寺には、海軍の軍艦「駒橋」の艦首に飾られていた菊の御紋章が保管されている。
「駒橋」の戦歴と、なぜここに御紋章が保管されているかは、こちらをご覧あれ。

駒橋 (1)
名刹、金剛寺の山門 

駒橋 (4)
御紋章は、御本堂に保管展示されている。

駒橋 (3)
御紋章のアップ。

駒橋 (2)
由来と共に、大切に保管されている。

駒橋 (5)
艦首に合わせた形になっているのが判る。
余談ではあるが、終戦時に進駐軍から不敬な扱いを避けるために、呉残存の軍艦から菊の御紋章を取り外す任務に就いた吉武造船大尉は、「御紋章を外す事は軍艦で無くなる事を意味し、それを良しとしない乗員から妨害を受ける可能性もある」と緊迫した状況で船に向かったが、幸いにして大きな混乱もなく任務を終えられた。と回顧している。>

津憲兵隊

JR紀勢本線、阿漕(あこぎ)駅近くには津憲兵隊が置かれていた。
憲兵隊跡地は、熱田小児科クリニックになっており、周りには当時の塀が残っている。
また、阿漕駅前には、空襲によって穴の空いた塀が移設保存されている。

津憲兵隊阿漕駅前に移設展示されている塀。

津憲兵隊 (2)熱田小児科クリニック周りに残る塀

津憲兵隊3見ての通り、塀が低いのは侵入防止や逃走防止のためではなく、ただ単に境界を示すためだと推測する。
まぁ、泣く子も黙る憲兵隊に侵入する輩もいないだろう。
余談ではあるが、「あこぎな商売してるな~」のあこぎは、この阿漕が語源らしい。

津憲兵隊の場所はこちら

北伊勢陸軍飛行場掩体壕

川崎小学校の北には掩体壕が残っている。
さて、北伊勢飛行場の遺構を見て周る際、公共交通機関を使っての探索は難しい。コミニュティバスはあるが、本数が少なく不便であるため、電車で訪ねた際は基本、徒歩での探索となる。

北伊勢掩体壕 (3)掩体壕は、非常にわかり難い場所にある。

北伊勢掩体壕 (2)掩体壕の全景。掩体壕は大きく、重爆は無理としても双発練習機や、双発軽爆は余裕で格納できそうで、戦闘機なら3機は入るのではないだろうか。

北伊勢掩体壕 (4)入口上部には庇が付いている。今まで見てきた陸軍の掩体壕は入口上部が崩れ落ちているので、どんな形状だったかはわからない。

北伊勢掩体壕 (5)掩体壕を真横から見る。他の人のサイトを見ると、所有者の方がここを購入した時は、中に土が詰まった建造中の状態であり、実際には掩体壕としては使っていないとの事である。

北伊勢掩体壕後方から見る。後部の開口部が広い様に思える。

北伊勢掩体壕 (6)内部の状態。物置として使われている。今まで見てきた、陸軍の掩体壕と形状は変わらないと思う。
(許可をいただいて立ち入り撮影しています。)

北伊勢飛行場掩体壕の場所はこちら

北伊勢陸軍飛行場

三重県亀山市から鈴鹿市にかけて北伊勢陸軍飛行場があった。
この飛行場は岐阜飛行学校の分教所として、昭和16年4月に開隊した。
その後、岐阜飛行学校廃止により、昭18年4月からは明野飛行学校北伊勢分教所となる。(詳しくはこちら
教場の有った場所は亀山市立川崎小学校となっており、門柱や防火用貯水池が残っている。
川崎小学校のHPに詳しく紹介されている。

北伊勢飛行場兵舎 (2)北伊勢分教所の門柱。当時のままだろうとの事。
(撮影の際はトラブル防止のため、児童が写らない様に注意してください。)

北伊勢飛行場兵舎 (4)
変わった形をした門柱である。

北伊勢飛行場兵舎川崎小学校内にある桜の木。これは陸軍当時から有ったと言われている。
(特別に許可をいただき、教職員の方の立ち会いのもと、撮影しています。)

北伊勢飛行場兵舎 (3)観察池。元々は防火用貯水池で、当時はかなり深かった様だが、現在は埋められて浅くなっている。

北伊勢飛行場兵舎 (5)
校内に埋められていた石碑。「第二期下士官候補者卒業記念」昭和16年7月26日と彫られている。
裏面は地中に出ており、掘り起こしたところ碑文が確認されたそうで、碑面がした下になって地中にあったから保存状態が良かったのでは?との事。

川崎小学校の場所はこちら
プロフィール

kan

Author:kan
酒とナマコ酢と、ミル貝刺をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。
腰はガラスの腰と言われ、定期的に壊れます!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。誤字や文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR