fc2ブログ

陸軍宇都宮射撃場

宇都宮射撃場
兵営の西方には射撃場があった。現在は一部が駒生運動公園になっているが、射撃場は残っている。
近所に住む人に話を伺うと、戦後は陸上自衛隊が使っていた様だが、現在は使っていないとの事である。
一部では、駒生射撃場との記述も見かけるが、公式な文書では見られないので通称だと思われる。

射撃場 (2)左側の射撃レーン。戦後、運動公園を作ったため2/3程になっている。

射撃場 (3)右側の射撃レーン

射撃場土堤の隙間から内部を見る。

また、射撃場付近には陸軍墓地があったが、遺構は発見できなかった。
スポンサーサイト



宇都宮陸軍衛戍監獄

宇都宮少年鑑別所は、宇都宮陸軍衛戍監獄の跡地にある。陸軍衛戍監獄は昭和15年7月31日、東京、大阪、小倉の3か所が陸軍刑務所に、その他は陸軍拘禁所と改名された。 (アジア歴史資料センターRef.A0302249110、昭和十五年・勅令第五一一号・陸軍監獄官制中改正)
少年鑑別所の南側にはいくつかの境界石が残っている。今回は文字が確認できた物だけを紹介する。

衛戍監獄 (3)1つ目の境界石。かろうじて文字が読める。

衛戍監獄こちらの境界石は、個人宅の前の駐車場の片隅にある。ちょうど住人の方がいたので、趣旨を説明して見せて頂くが、「こんな所に陸軍は無かったから、違うよ!」との事。

衛戍監獄 (2)
こちらは、陸軍用まで見える。
住人の方が「違うでしょ!」と言うので、「陸軍の境界石ですね」と答えると、
「へぇ~、知らなかったな。ところで、何でこんな事してるの?」
「趣味で・・・」
「何かメリットあるの?」
「・・・!」
「こんな事して、楽しいの?」
「・・・!」

宇都宮憲兵隊

憲兵とは、言わずと知れた軍隊内の警察であり、兵営の有った所には憲兵隊があった。

宇都宮 憲兵
歩兵第66連隊兵営跡地に向かう途中、偶然に古い塀を見付ける。

宇都宮 憲兵 (2)
しかも、塀の前には境界石と思われる御影石があり、士気が上がるが、

宇都宮 憲兵 (3)
反対側には門柱がある。

宇都宮 憲兵 (5)
さらに、こちらにも古い塀があり、やはり折れた境界石が残っている。ここに憲兵分隊派出所があった。

宇都宮 憲兵 (4)
こちらの境界石は、用地のみ残っている。

第14師団司令官舎跡

宇都宮市桜にある宇都宮地方合同庁舎は、第14師団長官舎跡地に建てられている。
建物はないが、境界石が残っている。

司令官官舎
庁舎の西側に隣接する料亭との境に有る境界石。「陸」の字が見える。

司令官官舎 (2)
さらに南側に有るビルとの境に有る境界石。こちらは「陸軍省」と書かれている。

歩兵第66連隊 謎の門柱

歩兵第66連隊跡地には、いくつかの門柱が残っている。
前回も書いた様に、連隊廃止後の跡地は師範学校になったが、跡地全部が師範学校になった訳ではなく、北側1/3は陸軍用地だったようである。

歩66門柱
庖厨所のすぐそばには、古い門柱がある。

歩66門柱 (2)
形状から言えば旧軍の遺構に思えるが、大正14年に連隊が廃止になっている事、その後民有地になっているなどから、師範学校時代に造られた物の可能性もある。

歩66門柱 (3)
大谷石で作られた出入り口が多く残っている。いつの物かは不明である。

歩66門柱 (4)
栃木県警察学校に残る門柱。詳細は不明だが、形状から歩兵第66連隊が設置された時に造られた裏門であると推測する。

歩66門柱 (5)
表札を掛けるフックと、埋め込み式表札用の窪みがある。元々は板状の表札が、埋め込み式に変更されたのではないだろうか?
プロフィール

kan

Author:kan
酒とナマコ酢と、ミル貝刺をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。
腰はガラスの腰と言われ、定期的に壊れます!

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。誤字や文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR