歩兵第49連隊

山梨大学附属中学校内には歩兵第49連隊の糧秣庫が残っている。
歩兵第49連隊は、日露戦争中の明治38年3月に、戦力増強のために新設された。
日露戦争後、習志野に仮兵舎を置いていたが、明治42年4月に甲府に転営、衛戍地とした。
昭和11年2月に満州へ移駐、匪賊討伐に従事する。
昭和19年3月第3大隊はグァム島に転進するも、その後の戦闘でほぼ全滅。
昭和19年10月、連隊はフィリピンのレイテ島に到着するも、昭和20年1月にセブ島に転進できたのは208名のみで、終戦を迎えられたのは九十余名であった。(わが連隊、ノーベル書房より抜粋)

甲府 (6)糧秣庫 明治41年頃に建築され、現在は山梨大学赤レンガ館と名付けられ、歴史史料室となっている。

甲府 (5)平成10年、大雪のため一部が破損したのを契機に保存の機運が高まり、耐震工事等をしたうえ改修された。
(パンフレットより)

甲府 (2)外観は大きく変わっていないと思われる。

甲府(5)兵営の南西端付近に残る水路。写真では見難いが、水路右手には石積みが残っている。
兵営と民地を分ける水路だったと推測する。

甲府
甲府連隊区司令部跡地に残る「偕楽園」の碑。
甲府連隊区司令部と甲府陸軍病院の跡地は現在、国立甲府病院となっており、この碑は明治44年に建立された。
こちらのブログを見ると、陸軍病院の北東にあったのを、ここに移設した様である。

甲府駅の北方、護国神社近くにある、つつじが崎霊園は陸軍墓地の有った場所であるが、現在は広大な霊園となっており、どこが陸軍墓地の用地だったか特定できなかった。なお、霊園内にはレイテ島戦死者の慰霊碑と、将校の個人墓が3基ある。また、射撃場は運動公園、練兵場は住宅地になっており、遺構は見付けられなかった。

歩兵第49連隊糧秣庫の場所はこちら
スポンサーサイト

大月防空監視哨

大月駅近く、大月中央病院の裏山には防空監視哨跡が残っている。
昭和17年、本土初空襲後に防空監視隊が組織され、大月監視隊本部は昭和18年暮れに移転してきた。
監視哨は、哨長と監視員9名で編成され、3交代で監視にあたっていた。
昼間は2名で監視し、夜間は1名が監視、もう1名が聴音監視を行っていた。(案内板より抜粋)

大月大月中央病院の裏に登り口がある。古い案内には「むすび山」、新しい案内には「おむすび山」となっている。大月観光協会におむすび山と問い合わせたら「おむすび山じゃなく、むすび山」と強く訂正された。

大月 (5)舗装された道路は民家の前で終わっているが、そのまま民家の前から登って行くと、細い山道になる。

大月 (4)登山口の案内から10分程度で山頂に着く。そこには聴音壕の竪穴があるが予想以上に小さく、直径4m、深さ1.5m程である。
さて、防空監視哨であるが、甲府、大月、南部に監視隊本部が置かれ、それぞれ15、10、7の監視哨があり、大月監視隊の傘下には、大月、丹波、西原、上野原、七保、笹子、谷村、吉田、精進、河口の監視哨があった様だが、詳細は不明である。
この監視哨は大月駅から歩いても1時間で行って帰れる。しかし、冬場以外の訪問はお勧めしない。
大月防空監視哨の登り口はこちら
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とナマコ酢と、セロリをこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く異様に静電気を恐れる正統派変人です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR