FC2ブログ

呉 歴史の見える丘

呉市宮原には、歴史の見える丘と名付けられた公園があり、造船船渠記念碑、呉海軍工廠礎石記念塔がある。
ただ、説明板はあるのだが詳細が書かれておらず、これらの定礎石が何のものであったのか、よく分からないが残念である。

歴史の見える丘 (4)
造船船渠記念碑
呉海軍工廠に明治44年3月完成し昭和46年11月解体されるまで数多くの艦船や船舶を建造した、造船船渠を記念して建てられた。船渠側壁の石をそのまま用い、渠底に降りるための階段を再現している。(説明板から抜粋)
階段の側面に定礎石があるが、見逃したようである。

歴史の見える丘 (11)
呉海軍工廠礎石記念塔
昭和57年に残存していた旧呉海軍工廠の礎石を集めて建てた。縁石には堺川にかかる二重橋に使用されていたものを使い、銘板が取付けてあるレンガは旧海軍呉鎮守府開庁当時の庁舎建材を使っている。(説明板から抜粋)

歴史の見える丘 (12)
呉海軍工廠礎石記念塔を、背後から見る。

歴史の見える丘 (10)
塔の上から、明治22年4月、起工の定礎石 四隅に菊の御門が施されていること、明治22年起工であることから、呉鎮守府の定礎石であることも否定できない。

歴史の見える丘 (6)
正面下部には、第6工場と記された石が

歴史の見える丘 (7)
右側面には、第4工場 明治28年建之の定礎石が

歴史の見える丘 (9)
左側面には、明治35●起工 明治36●竣工の定礎石が、(●の字が読めません、御教示下さい。)

歴史の見える丘 (8)
背面下部には、明治27年6月の定礎石がある。




歴史の見える丘 (1)
歴史の見える丘からの眺め。大和を造ったのは写真左の建屋の中らしい。

歴史の見える丘 (3)
右を見ると、護衛艦を建造中である。その奥には、レンガ建築が見える。

歴史の見える丘 (2)
レンガ建築のアップ

歴史の見える丘の場所はこちら
スポンサーサイト



呉二河川公園に残る稜威池

呉市宝町、呉港湾合同庁舎近くにある二河川公園には稜威池とその碑が残っている。
これが旧軍遺構かと言えば疑問もあるが、海軍工廠の工事で出た巨石を展示していることなどから紹介する。

稜威池之記によると、稜威池とは、「我第二船渠は、その広さ優に一万頓以上の船舶を容るるに足る。然るに船渠前の海底中、浅堆ありて従来、大潮を候せされば、前記の巨艦を出入する能はず。故に一月僅かに両回の出入期あるのみ、有司夙に之を憂う。昨秋に至り、これを浚渫するの議調ひ、呉港務部をして其業を董督せしむ。その年末に際し、日露交渉漸く急を告ぐ。此に於いて日夜工事を督励し、海底の巨石を抜く事数千百個、浅堆を浚濬する事。数十閒月余にして其工を卒ふ。本年一月我艦隊中、精鋭の巨艦、陸続当港に来り、修繕をなすに当たり、浚渫其機宜に適し、直ちに其完成を告た。二月初旬露国愈、暴横を極め東洋の形勢甚だ危し。此に於て我皇赫怒し茲ら膺懲の師を興さる。我艦隊直ちに黄海に邁進し向う所捷たさるなく旬日にして制海権を獲たり。我皇稜威の壮なる前古比なし。而して前に抜取したる巨石は、軍事繁劇の際なるを以て部内の空地に放置せり。七月に至り部務少しく閑なるに由り、其構内を整頓せんとす。然るに彼巨石重大にして、運搬甚だ悩めり。因て部内巧思の者をして此石を用いて園地を作り、噴水を引き錦鱗を放たしむ。この池や単に頑石の蒐集に過ぎずと●●斯の如き巨石は既に第二船渠前に跡を絶ち如何なる大艦巨舶も自在に出入し能く軍国の機宜に応ずるを得るに至りしを思うきは、我皇の稜威を中外に宣揚するもの●與りて力(?)なしとなさんや、因て此を稜威池と名くと云爾  明治三十七年十月」(●●は読めなかった)
旧字や旧仮名遣いは一部訂正しています。また、句読点の位置がおかしくても、大人の対応でお願いします。

稜威池 (5)
これが稜威池だろう。

稜威池 (3)
付近に置かれている石。これらも浚渫された物だろう。

稜威池 (4)
稜威池之記の碑

稜威池 (2)
付近からは旧海軍工廠が見える。

稜威池 (1)
旧海軍工廠のドックのアップ

呉二河川公園の場所はこちら

呉海軍工廠への引き込み線

呉駅から程近い堺川には呉海軍工廠への引き込み線の鉄橋が残っている。

呉引き込み線 (2)
鉄橋の部分のみ残っている。

呉引き込み線 (3)
アップ

呉引き込み線 (1)
更に海側には送水管と思われるパイプがある。リベット留めであることから、海軍時代の物かも知れないが詳細は不明。

呉海軍工廠への引き込み線の場所はこちら

呉海軍病院

独立行政法人国立病院機構呉医療センター・中国がんセンターは、呉海軍病院跡地に建てられている。
呉海軍病院は、明治22年7月に開設以来、この地で海軍将兵の治療や健康管理にあたっていたが、終戦により英豪軍に接収され、接収解除後に国立呉病院として使われてきた。現在は、独立行政法人国立病院機構呉医療センターとなっている。
呉海軍病院の遺構は、石造りの階段が残るのみである。

呉海軍病院 (2)
唯一の遺構と言われる階段

呉海軍病院 (1)
角度を変えて!

呉海軍病院階段の場所はこちら

呉海軍造兵廠 第9工場

アレイからすこじまから道沿いに500mほど歩けば、ダイクレ呉第2工場内に、呉海軍造兵廠第9工場が見える。
これは、明治38年に建設され、後に砲熕部精密兵器工場として使用された。 現在は、亜鉛メッキ工場として使用されている。

砲熕部精密兵器工場 (1)
かなり大型で、かつ趣向を凝らした造りである。工場内にあり。全体が見れないのが残念である。ここからは3連建のうち、真ん中と左側が見える。

砲熕部精密兵器工場 (2)
工場の南側から、右側の建物が見える。

砲熕部精密兵器工場 (4)
側面の様子

砲熕部精密兵器工場 (3)
背後から見ると3連の造りであることが分かる。

呉海軍工廠 砲熕部精密兵器工場の場所はこちら
プロフィール

kan

Author:kan
酒とトリ貝刺と、南蛮漬けをこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR