FC2ブログ

美浜町に残るトーチカ その2

美浜町に残るトーチカ その1の北約100mにもトーチカが残っている。
これも射線は西を向いており、日高川に沿って北上する敵を迎え撃つべく造られたものである。

美浜町立花のトーチカ (7)
アクセスポイントからトーチカ方向を見る。

美浜町立花のトーチカ (6)
アクセスポイントから真っ直ぐ進み、石垣の沿って右の脇道を進むと

美浜町立花のトーチカ (4)
10m程で右手にトーチカが見える。

美浜町立花のトーチカ (1)
トーチカのアップ

美浜町立花のトーチカ (3)
これも埋まっており、中はゴミだらけの様である。

美浜町立花のトーチカ (5)
トーチカから見る風景

美浜町に残るトーチカ その2のアクセスポイントはこちら
スポンサーサイト

美浜町に残るトーチカ その1

御坊市の西に位置する美浜町にもトーチカが残っている。
これは紀州本線に沿って北上する敵を、側方から亀山のトーチカと挟撃するための陣地と想像していたが、実際に訪ねると銃眼は西に向いており、この山の西方を日高川に沿って北上する敵に備えていた。
事前の情報では、お寺の敷地内にトーチカが残っているとの情報で訪ねたが誤報であり、奥様にトーチカの場所を教えて頂く。

美浜トーチカその1 (6)
川沿いに北上すると、「女郎の墓」の案内があるので、これを見逃さない限りは行ける。

美浜トーチカその1 (5)
矢印に沿って山に入ると

美浜トーチカその1 (4)
30m程行けば、トーチカはある。

美浜トーチカその1 (3)
トーチカ自体はしっかりしているが、かなり埋まってしまっている。

美浜トーチカその1 (2)
アップ 背面に出入り口があると思うが、前面以外は見えない。

美浜トーチカその1 (1)
銃眼のアップ これも内部は埋まってしまっている。

美浜町に残るトーチカ その1のアクセスポイントはこちら

御坊市亀山に残るトーチカ

JR紀州本線、御坊駅のすぐ近くには本土決戦用の陣地が残っている。
御坊駅の南西約3kmにある煙樹ヶ浜から上陸する米軍を迎え撃つために、少し内陸側の野口地区に観測所があるのは知っていたが、トーチカの存在は知らなかった。
ところが、いつもお世話になっている「遺産、遺跡を求めて…」さんに亀山に残るトーチカが紹介されていた。
トーチカと紹介されている物の多くは観測所であることが多いが、形状的にトーチカ、機銃陣地と思われた。
土地勘が無かったため、水際の迎撃用陣地だと思っていた。
しかし、現地で見ると、上陸後、大阪方面へ北上する敵に対し、側方攻撃を加えるための陣地だったようである。
インターネットで、このトーチカの存在を示す記事を散見するが、詳細な場所を示す記事を見付けられなかったので、アクセスを含めた情報を紹介する。

亀山のトーチカ (9)
アクセスポイント ここを真っ直ぐ上れば行ける。

亀山のトーチカ (7)
アクセスポイントを上ると道路があるが、そのまま、この道を上る。

亀山のトーチカ (6)
右手にお墓があり、その先にトーチカはある。

亀山のトーチカ (3)
トーチカのアップ

亀山のトーチカ (2)
銃眼のアップ
トーチカ内は、完全に土砂で埋まっている。

亀山のトーチカ (5)
銃眼の前にある水槽
これは何だろうか?

亀山のトーチカ (4)
銃眼の庇には木材が残っている。
現在残っているのは、この1本だが、元々は全てに木材が使われていたと思われる跡がある。

亀山のトーチカ (1)
付近のお寺には、未完成だと思われる半分埋まってしまっている壕がある。
事情を話し、案内してもらいました。無断立ち入りはしないでください。

亀山のトーチカ (8)
この写真の真ん中付近にトーチカがある。

亀山に残るトーチカへのアクセスポイントはこちら

【コラム】第26回 伯父の話

私のTwitterを御覧になられている方なら御存知でしょうが、先日、伯父(母の兄)が亡くなりました。
昭和2年生まれなので91歳、天寿を全うしたと思います。
私の父が9年前に亡くなったのですが、その時が最後の元気な姿だったと記憶しています。もちろん、その後も元気だったのですが、老人特有の症状が進行しており、久し振りに会う親戚が分からなかったこともあったそうです。
詳しい期別は聞いてませんが17歳で予科練に入ったと言っていたので、昭和19年入隊でしょうか。

私の両親は北海道出身で、現在も親戚のほとんどは北海道にいます。ただ、私はずっと関東(関西にもいましたが)にいるので、子供の頃は、叔父や叔母、いとこと会うのは数年に1度でしたし、就職してからは、慶弔の時以外は会ってないと思います。

あまり接していなかった伯父ですが、生前に(と言っても、かなり前の話で、それを確かめることが無かったので、間違いはあると思いますが)聞いた話を紹介して、故人を偲びたいです。

決戦の大空へ
伯父が予科練にいた時、映画「決戦の大空へ」のロケがあり、エキストラで出演したそうです。
「あの映画には、俺が映っている。」と言ってましたが、確認することはなかったです。
分隊長役の俳優さんが、本番でエキストラの予科練生に言った言葉が、分隊長の口癖をそのまま真似ていたため、エキストラが大爆笑してNGになったとか!

拳銃射撃
いつの事かは聞いてませんが、拳銃射撃訓練の時に弾が出なかったそうです。その場合、兵器係を呼んで対処してもらうのですが、やってきた兵器係に拳銃を渡そうと振り返った瞬間に「ドンッ」と弾が出たそうです。幸いにもけが人はいなかったけど、2、3日は食事が出来ないほど殴られたとか!
「引き金を引いたけど弾が出ないので、無意識のうちにカチカチと引き金を引いていたのかも?」と本人は言ってました。

96陸攻
操縦要員だった伯父ですが、グライダー訓練はしたものの、飛行機を操縦したことはなく、唯一、96陸攻に乗ったことがあるそうです。
また、いつ、どこの事かは忘れましたが、対潜哨戒?に行った飛行機が爆弾を捨てずに帰ってきて、着陸失敗。その後片付けをしたそうですが、搭乗員は無残な姿だったそうです。

信濃
恥ずかしながら、当時の制度をよく知らないので、どの様な経緯でこうなったか分かりませんが、伯父は、空母信濃の乗員になりました。しかし、出港前に若い乗員は艦長に呼ばれ、陸行(汽車)で呉に行くように言われたそうです。
呉に着き偶然にも同期と会ったら、同期は驚いて「貴様、足は有るのか?」「信濃は沈んだぞ!」と言われたそうです。
伯父は「貴様、信濃を見たことないだろ、あれは島だぞ!あれが沈むわけないだろ、不沈艦だぞ!」と言い返しましたが、いつになっても、信濃が呉に現れることはなかったと言ってました。

秋水の離陸
私が子供の頃から何度も秋水が離陸したシーンを見たと聞いていました。
垂直離陸(直角だったかも?)と言われ、当時では考えられない角度で急上昇するも、エンジン音が聞こえなくなり墜落したそうです。

光へ
最後は回天要員になり、山口県光市で終戦を迎えたとか。

伯父さん、安らかに!

横須賀市馬堀町3丁目に残る海軍止水栓

横須賀市馬堀町3丁目には、海軍止水栓が残っている。
ここが何の施設だったかは不明であるが、止水栓の大きさから、主管用ではなく、枝管用で、しかも最末端の止水栓だと思われる。

横須賀市馬堀町3丁目に残る海軍止水弁 (2)
写真左下に止水栓がある。

横須賀市馬堀町3丁目に残る海軍止水弁 (3)
小さいので見逃さないように!

横須賀市馬堀町3丁目に残る海軍止水弁 (1)
止水栓のアップ

横須賀市馬堀町3丁目に残る海軍止水弁 (6)
近所のお宅の玄関先にも止水栓が残っている。(プライバシーを配慮して、画像を加工しています。)

横須賀市馬堀町3丁目に残る海軍止水弁 (4)
右のお宅に残る止水栓
ここに残る止水栓の形状は同じである。

横須賀市馬堀町3丁目に残る海軍止水弁 (5)
左のお宅に残る止水栓

横須賀市馬堀町3丁目に残る海軍止水弁の場所はこちら
プロフィール

kan

Author:kan
酒とミル貝刺と、ナマコ酢をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR