FC2ブログ

横須賀市走水2丁目に残る境界石

横須賀市走水2丁目にある防衛大学海上訓練場付近には、陸軍の境界石が残っている。
防衛大学海上訓練場内には現在も電燈所が残っており(数年前の情報)、電燈所の境界石と思われる。

防大海上訓練場 (3)
柵沿いに残っており、昔からここが軍用地の境界だったことが分かる。

防大海上訓練場 (4)
境界石には「陸」の文字が。

防大海上訓練場 (1)
境界石のアップ

防大海上訓練場 (2)
境界石と壁の僅かな隙間にカメラを入れて裏面を撮ると、防御営造物を示す「防」の文字が見えることから電燈所の境界石であると判断した。

横須賀市走水2丁目に残る境界石の場所はこちら
スポンサーサイト



観音崎火薬本庫 その2

今から約9年前に、「観音崎火薬本庫を改造して使っていた観音崎青少年の村が廃止となり、今後、どの様になるのかは不明である。」とレポートした。(その記事はこちら
現在、火薬本庫は観音崎公園の案内をする施設である、パークセンターとして使われている。

観音崎パークセンター (1)
明治31年11月起工の第2火薬本庫。
現在、パークセンターとなっており、事務所や多目的室がある。

変換 ~ 第2火薬本庫 (7)
以前の第2火薬本庫(すみません、今見てみると、クオリティーの低い写真です。)

観音崎パークセンター (2)
以前のモルタルは剥がされ、火薬庫当時の姿に戻っている。

観音崎パークセンター (3)
反対側から見る。

観音崎パークセンター (6)
窓は作り替えられており、また痛みの激しい箇所はレンガも新替えされている。

変換 ~ 火具庫 (3)
こちらは以前の火具庫

観音崎パークセンター (4)
こちらもモルタルが剥がされている。

観音崎パークセンター (5)
煉瓦自体の状態は良くない。

観音崎パークセンター (7)
明治32年3月竣工の第1火薬本庫は現在使われておらず、放置状態である。

【コラム】第50回 戦争遺跡とは?

現在、街中に残る戦争遺跡を紹介する書籍やサイトをよく見かけます。
私もネットで遺構を探すときは、「高知 戦争遺跡」や「宮崎の戦争遺跡」などと検索します。
でも戦争遺跡と言う言葉に違和感を持ってますので、個人的にはほとんど使いません。

原爆ドームや被爆建物、焼夷弾で焼かれ表面が崩れた狛犬や弾痕の残る塀などを戦争遺跡と言うのは解ります。
各地に残る防空壕も戦争遺跡でしょうし、否定はしません。

しかし、戦争遺跡として陸軍の兵営や海軍の飛行場関連の建物などを、今なお残る、負の遺産として紹介している書籍を見掛ける。私からしたら「はぁ?」ですよ!

それどころか、奉安殿や忠霊碑を戦争遺跡と紹介しているサイトや書籍があるんですよ!
もはや、精神鑑定をしなければならないレベルです。
天皇制、軍隊を悪と決めていて、何が何でも戦前の日本を悪としなければならない、おつむ真っ赤の人の考えは理解できません・・・

失われた遺構 横須賀市浦郷町にあった要塞地帯標

私が今まで訪ねた遺構で、すでに消失している物がいくつもある。
今回も小ネタ探しで浦郷町にある要塞地帯標の写真を撮りに行ったが、それは消失していた。
失われた遺構として紹介する。

私が趣味で旧軍遺構探索を始めた初期に発見した要塞地帯標であり、当時はネット等で公開するつもりはなく、ただ自分用の記録として撮った。今回ブログでアップするにあたり詳細を見るために再訪したが見付けられなかった。
記憶している場所付近で庭の手入れをしている人に訪ねると、「うん、有ったけど、その土地が売りに出されて、3年ぐらい前かな?重機が来て、壊されちゃってそのままどっか行っちゃったよ。」とのこと・・・
せめて保存していてくれればと残念でならない。
在りし日の要塞地帯標を紹介する。

浦郷要塞地帯標 (3)
下半分が埋まっており、1Z東京湾要塞第までしか読めない。

浦郷要塞地帯標 (5)
今となってはちゃんと記録してなかったことが悔やまれる。

浦郷要塞地帯標 (1)
現在の様子

横須賀市みかん台第二公園にある要塞地帯標

横須賀市鴨居1丁目あるみかん台第二公園内には、東京湾要塞第一区地帯標があると横須賀市のHPに書かれている。
この要塞地帯標は知らなかったので、現地に行ってみると・・・

みかん台公園 (1)
東京湾要塞第一区地帯標と書かれている。

みかん台公園 (2)
正面向かって右側面を見ると、なにも書かれていない。しかも、違和感が・・・

みかん台公園 (3)
正面向かって左側も何も書かれていない・・・

みかん台公園 (4)
背面には、昭和16年7月30日建築の下に、海軍省の文字があるが、字体が違うような気も・・・
今まで見て来た要塞地帯標とはどう見ても違うような気がするので調べて見ると、東京湾要塞研究家のデビット佐藤氏も、他の地帯標と比し、異質であり、また、標石番号もないことから、記念碑として戦後造られたものと推測されている。
真相はいかに?

みかん台第二公園の場所はこちら
プロフィール

kan

Author:kan
酒とミル貝刺と、ナマコ酢をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR