FC2ブログ

【コラム】第31回 伯父からの手紙

私は過去に祖父の軍隊生活や、伯父の軍隊生活を紹介しましたが、もう一人、戦争の話をしてくれた伯父がいます。
伯父は母の姉の旦那さんで、横須賀海軍工廠に勤めていました。
何分、古い話なので私が手紙をもらった経緯をはっきりとは覚えてませんが、就職して新入社員教育がおわり勤務地が神奈川県内に決まったので挨拶状を出した、返事だと思います。

私(伯父)も以前は神奈川県横須賀にいた。から始まり、思い出を書き綴ってくれました。
伯父は10年以上前に亡くなりましたが、手紙の内容を記し故人を偲びたいと思います。

(前略)
私は昔、軍隊に入る前に横須賀海軍工廠で色々の軍艦を造り、又海戦で傷んだ数多くの艦を昼夜頑張って修理、戦場に送りました。特に心に残るのは一一〇号艦建造です。
苦労多くして造った艦が進水式を目の前にして、第六号ドック扉(水門)調水悪く半調で水門扉が浮き上がり、海水がドック内に激流して押し流されて、前部と後部事故になり、修理のため進水式遅れる。
又出来てから東京湾内試乗運転等。
呉に回送中敵潜魚雷により、潮岬沖世界一の空母が波間に消えたと聞いた時は、只々誰もが涙有るのみでした。
横須賀は私には苦労の多い地なれど今は懐かしい。

 衣笠駅手前の池上町に海軍工廠の寄宿舎が有りました。そこから雨の日、風の日も歩いて通勤。工廠の入口は横須賀海軍鎮守府正門の横から入って行きました。
昭和十八年四月末か五月頃と思うが、工廠の第五ドックに航空母艦(飛鷹)が入って来た。見ると食糧庫と汽罐部(缶室)に敵の魚雷二本喰らって大きな損傷を受けて入って来た。それを昼夜修理に懸命でした。修理終了後は、何日出港か見なかったが、終戦後、私の弟が南方から帰って来ての話。
昭和十八年の暮れ頃、シンガポールから乗艦してボルネオまで行ったとの事でした。
(弟は十六歳、ボルネオの石油掘削に行った時のこと)
又潜水艦では、伊16潜 機関部の修理と試乗運転、東京湾は水深浅く、急速潜航訓練は思うように出来なかったが、両舷メンタンクのバルプ開閉訓練で終わる。ただ、艦内は狭く、勤務以外の人は動く事は厳禁され、暑さにまいった事がありました。
色々と兵科がありましたが、飛行機乗りと、海中にての勤務は丈夫な体と忍耐が必要でしょうね。
(後略)

手紙に書かれてはいないが、生前に話してくれた事も紹介します。

「飛鷹(空母)が駆逐艦を横抱きしながら、傾いて入ってきた。すぐに入渠して機関室に入ったら、逃げ遅れた機関科兵の死体がそのままあった。みんな閉められたハッチを開けようとしていたのか、最後は苦しくてハッチを掻きむしり、みんな爪がはがれて無かった。」

「制裁されているのをよく見た。内部事情を知っているだけに徴兵が来た時、海軍に入れば下士官待遇で入れたけど、どうしても嫌で陸軍を希望した。そうしたら、それがバレて大変だった。」

今となってはもうこれ以上の話を聞く事は出来ませんが、伯父も天国でこれを見て、昔を懐かしんでくれているかもしれません。
スポンサーサイト

久留米憲兵隊大刀洗分遣隊

久留米憲兵隊大刀洗分遣隊は、飛行場が完成した2か月後の大正8年12月、太刀洗駅の南西約300mの場所に置かれた。
憲兵の任務は、軍隊内の規律維持や犯罪捜査、諜報活動の取り締まりが主であるが、大刀洗分遣隊には飛行機事故の処理が多くあったと思われる。
過去に訪ねた憲兵隊跡地も、その規模から民間に払い下げられた後も、跡地はそのまま住宅や会社として使われていることが多く、特に境界塀が多く残っているが、ここはほぼ全周のレンガ塀が残っており一見の価値がある。

大刀洗憲兵分遣隊 (1)
第5航空教育隊東門から向かうと最初に見える光景。

大刀洗憲兵分遣隊 (2)
南から東側の塀を見る。写真左が正面入口(正門)だろう。

大刀洗憲兵分遣隊 (4)
こちらは、南側から西を見る。入口を広くするため塀の一部が壊され、その際に門柱も破壊されている。

大刀洗憲兵分遣隊 (5)
軍のレンガ積みとしては珍しい長手積である。

大刀洗憲兵分遣隊 (3)
中を見る。厩舎を住宅に改造したと思われる建物が残ってる。

 大刀洗憲兵分遣隊 (19)
これは馬の水飲み用の水槽だろうか?

大刀洗憲兵分遣隊 (20)
奥に見えるのは隊長官舎だろう。

大刀洗憲兵分遣隊 (6)
南西端から西側の塀を見る。

大刀洗憲兵分遣隊 (7)
西側の塀にある通用門と思われる開口部。現在はコンクリートで塞がれている。

大刀洗憲兵分遣隊 (8)
さらに北側には、隊長官舎の出入り口と思われる開口部がある。

大刀洗憲兵分遣隊 (11)
そこから内部にある、隊長官舎と思われる建物を見る。

大刀洗憲兵分遣隊 (13)
こちらが、隊長官舎の玄関だと思われる。

大刀洗憲兵分遣隊 (9)
北側から西側塀を見る。手前に境界石がある。

大刀洗憲兵分遣隊 (10)
風化して見難いが、陸軍用地と書かれている。

大刀洗憲兵分遣隊 (12)
裏面には11(十一)と書かれている。

大刀洗憲兵分遣隊 (14)
西側から北側の塀を見る。

 大刀洗憲兵分遣隊 (17)
東側から北側の塀を見る。

大刀洗憲兵分遣隊 (15)
北東端にも境界石が残っており、陸軍の文字が見える。

大刀洗憲兵分遣隊 (16)
境界石の頂部。移設ではないと思うのだが・・・

 大刀洗憲兵分遣隊 (18)
東側の塀。この先は民家の敷地になっており見ることは出来ない。
 
久留米憲兵隊大刀洗分遣隊の場所はこちら

高射砲第4連隊門柱

朝倉市一ツ木交差点を南に100m程進むと、高射砲第4連隊門柱が残っている。
高射砲第4連隊は、昭和13年7月に旧甘木村一ツ木で開隊と書かれたサイトを見掛けるが、アジ歴で調べると、昭和12年11月6日に第12師団留守司令官から陸軍大臣宛に「高射砲第4連隊は、本年8月、野砲兵第24連隊留守隊に於いて編成したるも、新兵営転営(明年4月上旬の予定)迄の間・・・」と書かれているため、昭和12年8月久留米で編成され、新兵営が整った昭和13年に大刀洗(甘木)に移転したとみられる。
その後、連隊は大刀洗防空の任を担っていたが、昭和18年ニューギニアに転進した。
連隊転進後跡地は、甘木生徒隊として少年飛行兵及び陸軍特別幹部候補生の教育に使われた。
この門柱を甘木生徒隊の門柱として紹介しているサイトもあるが、当初の高射砲第4連隊門柱として紹介する。

高射砲第4連隊 (8)
門柱の全景 正面からも撮ったのだが、見ての通り逆光で真っ暗になってしまい、この写真を使う。門柱の状態は極めて良い。

高射砲第4連隊 (1)
正面向かって右の門柱。こちらに袖門がある。

高射砲第4連隊 (3)
アップで見る。

高射砲第4連隊 (4)
袖門の前には、立哨小屋が建っていたと思われる六角形の跡がある。

高射砲第4連隊 (5)
ヒンジが残っており、状態は良い。

高射砲第4連隊 (2)
正面向かって左の門柱
塀は本来、どの様な状態で周りを囲んでいたのだろうか?

高射砲第4連隊 (12)
アップで見ると、状態の良さが分かるだろう。

高射砲第4連隊 (9)
内側から見る。

高射砲第4連隊 (10)
正面から見て、右の門柱。

高射砲第4連隊 (11)
こちらは正面から見て、左の門柱。
(なんか、門柱だけにピントが合い背景がぼやけて、メチャクチャ格好良くないですか?:自画自賛)

高射砲第4連隊門柱の場所はこちら

陸軍第5航空教育隊東門

山隈交差点の南方約200mには陸軍第5航空教育隊東門が残っている。

第5航空教育隊東門 (5)
敷地外の東方から見る。

第5航空教育隊東門 (1)
こちらは敷地内の西方から見る。

第5航空教育隊東門 (2)
外側から見て左の門柱のアップ

第5航空教育隊東門 (4)
反対側から見る。

第5航空教育隊東門 (3)
もう1本の門柱
過去の写真やGoogleマップで見ると、左の門柱と同じ色をしているが、明らかに以前の門柱と違う。何らかの理由で作り替えたようだ。

第5航空教育隊東門 (7)
門の外側(平和記念館側)に架かる太刀洗橋

第5航空教育隊東門 (8)
大刀洗ではなく、太刀洗橋となっている。

第5航空教育隊東門 (6)
飛行場が作られたのと同時期の、大正8年11月架設。多くの将兵がこの橋を渡ったのだろう。

陸軍第5航空教育隊東門 の場所はこちら

【コラム】第30回 平成の終わり

あと3か月弱で平成も終わりですね。
Twitterではある程度公開していますが、私は昭和最後の高卒で就職しました。
その頃はバブル絶頂期で虎の子と言われ、給料もバンバン上がるし、何かあれば「じゃあ辞めます。」と言えば、上司が「いやいや、ちょっと待って!」と我まま言い放題でした。
それもバブルが弾けると・・・
そんなことはさて置いて、この30年の旧軍遺構がどうなったかを考えたいと思います。
偉そうに言いますが、この趣味を本格的に始めたのが平成17年からなので、まだまだ初心者です・・・

昭和の終わりから平成の初めにかけて、基地祭等で自衛隊基地にもよく行きましたが、確かに木造の大型建物や今考えると旧軍遺構であっただろう建築物があったように思います。当時はフィルムカメラでしたので、フィルム代や現像代もあり、正面装備(戦車や戦闘機等)しか撮ってませんでした。
実際はどうかは分かりませんが、相当数あったと思います。
それもそのはずです。

歩40

日清戦争後の軍拡では明治31年(1898年)にいくつかの師団が増設され、多くの部隊が創設されました。
この時に建てられた建物も、平成元年(1989年)では築91年程なんです。当時の軍の建物はしっかりしているので(個人的感想)木造もしかり、レンガ建てなら充分使用に耐えうるでしょう。
因みに平成最後の今年(2019年)の91年前は昭和3年なんですよ。

豊橋偕行社 (8)

昭和3年と言えば、関東大震災(大正12年:1923年)で壊滅した軍の施設を再建した頃で、横須賀には鎮守府庁舎や海軍病院、海軍工廠庁舎などが残っていますが、それほど古いイメージはありません。
また、この頃の建物は壁に装飾が施されていたりしています。軍拡と軍拡の谷間にあり国内も比較的平和で、余裕もあったはずですので、造りも良いと思います。
実際、戦争末期に造られた掩体壕が取り壊された例もあるので、これ以降の建物はまた保存には適さない状態だと思います。

明治期の建物はほとんど残らなくなっています。そう考えると、30年後には旧軍遺構のほとんどが無くなると考えられます。
数多くの遺構が無くなりましたが、残った遺構を見る時間も残り少なくなっている現状を認識し無ければならないと思います。

30年後、80歳か・・・
プロフィール

kan

Author:kan
酒とミル貝刺と、ナマコ酢をこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR