歩兵第6連隊 兵舎

愛知県犬山市にある明治村には、歩兵第6連隊の兵舎が移設展示されている。
歩兵第6連隊は、明治7年に軍旗を親授された歩兵連隊の中でも最古参の連隊の1つである。

明治4年、東京鎮台第3分営が置かれ、藩兵などを総括して第6番大隊として名古屋城内に駐屯した。
明治6年、名古屋鎮台が創設され、その指揮下に入る。
明治7年3月、2個大隊をもって歩兵第6連隊が編成された。
以後、明治10年に西南の役に出動し、明治27年には日清戦争に出征する。
明治37年、日露戦争に出征し、遼陽会戦、沙河会戦、奉天会戦に参加。幾多の武勲を立て凱旋する。
大正7年8月、シベリアに派兵され、10月に帰国。
昭和3年5月、済南事変により出動、山東省で警備にあたり、1年後の昭和4年5月に帰還する。
昭和9年4月、満州に派遣され2年間警備、教育訓練に従事し昭和11年4月に帰還する。
昭和12年、日中戦争が勃発すると8月に名古屋港より出港、呉淞に敵前上陸を敢行する。以後、南京、徐州、武漢、宜昌、漢水作戦に従事し、太平洋戦争では中支、南支を転戦中に終戦を迎える。
(わが連隊:ノーベル書房から抜粋)

明治村に移設されているのは、明治6年、歩兵第6連隊が創設された際、名古屋城二の丸に新築された第10中隊の兵舎で、元は50mを超える長い建物であったが、移築に際し約2/3に切り縮められている。
創建当時の窓は現在の約半数であったが、のちに室内を明るくするため増設されている。また、内務班、中隊長室、下士官室等が当時の姿に復原されている。(明治村HP、案内板から抜粋)

明治村歩兵6連隊兵舎 (1)
兵舎の全景。移設場所の関係で正面から撮ることは難しい。

明治村歩兵6連隊兵舎 (2)
反対側から見る。

明治村歩兵6連隊兵舎 (3)
正面アップ

明治村歩兵6連隊兵舎 (4)
入り口部分

明治村歩兵6連隊兵舎 (5)
反対側から見る。

明治村歩兵6連隊兵舎 (6)
居住区

明治村歩兵6連隊兵舎 (7)
見習い士官室

明治村歩兵6連隊兵舎 (8)
中隊事務室

明治村歩兵6連隊兵舎 (9)
中隊長室。中隊長室、中隊事務室、見習い士官室は2階にあったが、現在は1階に再現されている。

明治村歩兵6連隊兵舎 (10)
下士官室

明治村歩兵6連隊兵舎 (11)
1階廊下。2階は改装されていて遊戯場になっているのは残念だが、保存するためには仕方ないのだろう。逆に、保存されていることを感謝しなければならない。

明治村歩兵6連隊兵舎 (14)
階段を上がった2階部分

明治村歩兵6連隊兵舎 (12)
2階窓のアップ

明治村歩兵6連隊兵舎 (13)
当時のガラスが残っており、写真では分かり難いが実際に見ると波打っている。

明治村歩兵6連隊兵舎 (16)
反対側を見る。同じ作りである。こちらが正面?

明治村歩兵6連隊兵舎 (15)
側面を見る。

明治村歩兵6連隊兵舎 (17)
反対側
スポンサーサイト

近衛局

愛知県犬山市にある、博物館明治村には、近衛局本部付属舎が移設保存されている。
この建物は宮城警護のために設置された皇宮警察の庁舎の一部で、明治20年、坂下門内に着工されたが、建設中に用途を近衛局(明治22年に近衛師団と改称)本部に変更して翌年に完成した。その後、師団本部は移転したため、皇宮警察本部がここへ移り、昭和42年まで坂下護衛所として使用した。(明治村よりHP抜粋)
元々は東京にあったが、カテゴリは現在置かれている愛知県とした。

近衛局 (4)
正面から見る。

近衛局 (1)
右斜め前方からみる。

近衛局 (2)
左斜め前方から。

近衛局 (3)
左側面の様子

博物館明治村のHPはこちら

名古屋城内に残る乃木倉庫

名古屋城内には乃木倉庫と呼ばれる建物が残っている。
建造時期は諸説あるが、鎮台時代の明治初期と思われる。
昭和20年5月の名古屋空襲により天守閣等は焼失したが、この倉庫は無事であった。
本来はレンガ造りであったが、現在は白亜塗になっている。
さてこの倉庫であるが、乃木将軍の名にあやかっただけで、直接は乃木将軍とは関係ないと思っている。また、乃木倉庫と呼ばれるようになったのも将軍の殉死後だと考える。
(乃木倉庫は名古屋城内にあり、入場料500円が必要です。)

乃木倉庫 (1)
正面から見る。

乃木倉庫 (2)
倉庫を時計回りに見ていく。

乃木倉庫 (3)
右側面

乃木倉庫 (4)
右斜め後方から。

乃木倉庫 (5)
左斜め後方から。

乃木倉庫 (6)
左側面

乃木倉庫 (7)
元々は火薬庫だったようで、上げ底で防湿対策が取られている。

乃木倉庫 (8)
左斜め前方から。

乃木倉庫 (9)
乃木倉庫に向かう途中にあった何かの跡。詳細は不明だが旧軍時代の物かもしれない。

乃木倉庫の場所はこちら

陸軍第3師団司令部境界塀

名古屋城付近、名城病院前にはレンガ塀が残っている。
これは第3師団司令部の塀と言われており、なぜこの部分だけ残っているのかは不明。
第3師団は、名古屋鎮台から明治21年に改編され、日清戦争を皮切りに、日露戦争、日中戦争、太平洋戦争に参加した由緒ある師団である。
第3師団司令部の遺構はこのレンガ塀だけの様である。

第3師団塀 (1)
西側から見る。門柱らしき物が残っているが、当時の物かは不明。当時の物だとしても、大きさや形状から通用門と推測する。

第3師団塀 (2)
曲がり角の部分

第3師団塀 (3)
東側から見る。レンガ塀はここで終わっており、この先は土堤か生垣だったと推測する。

陸軍第3師団境界塀の場所はこちら

第6師団長舎

熊本城の東、高橋公園は第6師団長舎跡地であり、門柱が残っている。
熊本地震で倒壊したとの情報があります。

6師団長官舎 (8)
第6師団長舎門柱

6師団長官舎 (9)
ヒンジも残っており、状態は良い。

6師団長官舎 (10)
西南戦争時の鎮台司令長官 谷干城の銅像がある。

6師団長官舎 (2)
市電「河原町」駅近くにある延寿寺には、師団長舎が移設されている。

6師団長官舎 (3)
建物左側 オリジナル度は不明

6師団長官舎 (5)
正面入り口、車寄せ部分

6師団長官舎 (6)
右側
今回も、大日本者神國也さんを参考にした。

第6師団長舎門柱の場所はこちら
第6師団長舎(延寿寺)の場所はこちら
プロフィール

神崎 伸介

Author:神崎 伸介
酒とミル貝刺と、手羽先をこよなく愛し、日々全国の旧軍遺構を訪ね歩く自他共に認める変わり者です。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR