FC2ブログ

【コラム】第64回 予約投稿

前回のコラムに、最期のメッセージを残そうか?と書きました。
まだ、その記事は書いてませんが、そういった状況になったら更新回数を減らしてでも、没後、出来る限り少しでも長くブログを更新したいと思ってました。

何度も書きましたように、今年は新型コロナウィスルの影響で在宅勤務やゴールデンウイーク中のステイホームの時間、また、例年ですと今の時期、休みの日は野球観戦に出掛けることが多いため、ブログ更新の時間がなかなか取れませんが、今年は開幕が遅れたこともありブログ更新の時間が充分に取れました。
それならばと時間のある時にどんどん記事を作成したのですが、無料ブログだと最大で30件しか予約出来ないみたいです。
私のブログは毎月、本編6、コラム2の8つを公開していますので、3ヶ月半分の記事しか予約出来ないことになります。
ただ有料会員になると100件の予約が出来るようですが、このブログを10年やって初めて予約投稿に制限があることを知ったくらいですから、今後、予約が30件を超えることもないと思います。
今まで10年以上も無料で使わせてもらっていて、そんなことを言うのもナンですが、有料会員になるメリットも無いような気がします。

ただ、30件以上新たな記事を作成できない訳ではありません。
ブログの投稿には、書いたら即公開される、「公開」
公開日時を設定でき、その時間になったら公開される「予約投稿」
とりあえず公開されることはない「下書き」の、3つがあり(期間限定もありますが、使わないので除外)、予約が30件になったら新たな記事は作れませんが、29件までだと、新規の記事を書くことが出来、それを下書き保存しておけばいくらでも記事を貯めておくことが出来るので、無制限に記事を作り貯めることは可能ですが、それを公開するには下書きを公開か予約公開にしなければなりません。
では、どうやって生前に作り貯めていた記事を、没後に公開しましょうか?
まぁ、誰かに託すしかありませんが、どうやってお願いしましょう?
机の中に遺言書と一緒に手紙を入れておき、「もし、私が死んだら、この手紙を投函するように!」とか、「この人のTwitterにダイレクトメール(DM)を送信するように!」と書いておくのも手ですが、妻が机の中を見ないで、そのままゴミに出してしまう可能性もかなりありそうなので、目に付くところに遺言書を置いておこうかしら。

この記事を読んでいるあなたに、数年後(いや、明日にでも)、「この手紙(DM)があなたに届いているということは、私はもうこの世にはいないことですね。では、これからしばらく「kanレポート」の管理をお願いします。」って手紙(DM)が届くかもしれませんよ?
その時はよろしくお願いします!
スポンサーサイト



田向山砲台 電燈所

左翼観測所から道なりに山を下って行けば、電燈所に行き着ける。
途中、旧軍道と思われる道もあり不安になるが、アスファルトで舗装された道沿いにあるので迷うことはないだろう。

田向山砲台電燈所 (1)
電燈所へのアクセスポイント。(案内板もあったはず)

田向山砲台電燈所 (4)
そのまま行けば、電燈所が見えてくる。

田向山砲台電燈所 (5)
電燈所の入り口

田向山砲台電燈所 (6)
その先に電燈座がある。

田向山砲台電燈所 (7)
電燈井(と言って良いのか?)。よく見られる昇降式ではなく、固定式と思われる。

田向山砲台電燈所 (8)
照明座には、その方向にある地名が彫られている。

田向山砲台電燈所 (9)
別の方向を見る。

田向山砲台電燈所 (10)
電燈所の全景

田向山砲台電燈所 (2)
関連遺構かもしれないが、これが何なのかは皆目見当がつかない。

田向山砲台電燈所 (3)
こちらは戦後の物ではないだろうか?

田向山砲台電燈所の場所はこちら

田向山砲台 観測所

砲座の約100m西方には左翼観測所がある。

田向山観測所 (1)
砲座から山を下って行き、すぐのカーブの先に左翼観測所はある。なお、右翼観測所は消滅している。

田向山観測所 (2)
観測所の全景

田向山観測所 (9)
観測所下の計算室のアップ。入口はブロックで塞がれている。

田向山観測所 (8)
観測所の様子

田向山観測所 (7)
前面から見る。

田向山観測所 (5)
横は抉られたような形状である。

田向山観測所 (6)
前方から見る。

田向山観測所 (3)
観測所の左隣には階段があり

田向山観測所 (4)
その上には指揮官用であろうか、立ち位置がある。
このような観測所は初めて見た。

田向山砲台左翼観測所の場所はこちら

田向山砲台

福岡県北九州市小倉北区にある手向山公園はかつて田向山砲台があり、今も遺構が残っている。
田向山砲台は明治20年、田の首砲台に次いで下関要塞第2番目に着工、同22年竣工し、備砲は24cm臼砲12門であり、1つの砲座に2門を備え、全部で6砲座あったが、備砲が完了したのは明治24年になる。
現在も砲側庫、観測所、電燈所、発電所が残っており全て車でアクセスできる非常に行き易い遺構である。
ただし、初めて行く方はカーナビの指示通り行くととんでもないことになるかも?
私はナビに従い手向山公園東から山に沿って南下し、ナビの言う通りここから登ろうとするも、ほぼUターンに近い感じで入らなくてはならず、片側1車線の生活道路では入ることはできず、切り返しを繰り返せば入れたかもしれないが、当日は平日の朝だったので、私の切り返し待ち渋滞が・・・
はい、バンパー擦りましたよ!
1日1000円の免責に入っておいて良かった!!!

田向山砲座 (1)
最右翼の砲側庫。事前準備不足で詳細を調べずに現地に行ったので見落としがあるが、砲座は6つでその間に砲側庫があるようで、写真の右に最右翼(1番)砲座があった。(であろう。)

田向山砲座 (2)
最右翼(第1号)砲側庫。同時期に造られた笹尾山砲台の砲側庫も似た形状であり、内部はレンガ造りであることから、ここの砲側庫もレンガモルタル造りと推測する。

田向山砲座 (3)
入り口上部には「第1号」と書かれている。

田向山砲座 (4)
2番砲座。胸墻は土堤であったのか、石積み(レンガ積み)であったのかは不明。

田向山砲座 (5)
第2号砲側庫と3番砲座を見る。

田向山砲座 (6)
こちらも入り口上部に「第2号」と書かれている。

田向山砲座 (7)
3番砲座。もはや何が何だか・・・

田向山砲座 (8)
第3号砲側庫。1~3号の砲側庫は、ほぼ同じ形であり、両脇の砲座へはスロープでつながっている。
こちらも、入り口上部に「第3号」と書かれている。

田向山砲座 (10)
第4号砲側庫。これは砲座上部に上がる階段が付いている。

田向山砲座 (11)
砲側庫のアップ。すべての砲側庫には入ることが出来ない。

田向山砲座 (12)
この砲側庫には来歴(沿革)がある。
明治20年9月 起工
明治21年9月 竣工
工役長 陸軍工兵大尉 南部 雅枝
と書かれている。

田向山砲座 (16)
5番砲座

田向山砲座 (14)
第5号砲側庫

田向山砲座 (15)
これだけ半地下式になっている。

田向山砲座 (18)
最左翼である6番砲座。ここには即用弾置き場が残っている。

田向山砲座 (19)
即用弾置き場のアップ。これを見ると、砲座自体が、かさ上げされているのが分かる。

田向山砲座 (20)
砲台の最左翼から見る。

田向山砲台の場所はこちら

【コラム】第63回 お別れの挨拶?

この記事を書いているのは、例年ですとゴールデンウィークですが、今年はコロナの影響でホームステイ週間です。
コロナは世界各地で猛威を振るっており、まだまだ先が見えません。
多くの人が亡くなり、著名な方もその犠牲になりました。
コロナに罹かった方は、調子が悪くなり病院に行くも、すぐに病状が急変、自力呼吸ができなくなり、そのまま亡くなる人も多いと聞きます。
もし、今、私がコロナに罹り、死亡したら誰も分かりませんよね?
多くの人は、「こいつ、更新できなくなってブログを辞めたんだろう!」とか、「ネタがなくなったか?」と思われるならまだ良いですが、「会社の金を横領して逃げている。」とか「ヤ〇ザの親分の女に手を出して、消された。」などとネガティブな推測をされる方もいるでしょう。(多分)
また、コロナに罹かからなくても、交通事故などの不慮の事故で命を落とすこともあると思います。
ならば、いつも御愛顧くださっている皆様に感謝の言葉を残しておくべきでは?などと考えました。
まさかこんなことを考えるとは思ってもみませんでしたが、あり得ますからね!

ドラマや映画でよく、ビデオメッセージを残していて、「このメッセージを見ていると言うことは、もう僕はこの世にいないのですね!」ってシーンを見たことがある方もいるかもしれませんが、そんな感じでメッセージ残してみようかな?
もちろん、動画は残しませんが(笑)

あとは予約投稿をしておき、予約の変更をしなければ公開されて私の死が皆さんに告知されるのです。
それを見た、私の連絡先をご存知の方は家族へ連絡して頂き、私の最期をコメント欄にでも書いて頂けると幸いです。
このアイデア、どう思われますか?
我ながらナイスアイデアだと思うのですが。

そんなことを考えるホームステイ週間でした。
プロフィール

kan

Author:kan
酒とトリ貝刺と、南蛮漬けをこよなく愛し、全国の旧軍遺構を訪ね歩く、自他共に認める正統派の変人です。
変人ですが、「変態!」と言われると烈火の如く怒ります。

紹介する遺構の説明は正確を心がけてますが、間違いや情報があれば、是非とも教えてください。
基本、酒を飲んでブログを書いてます。文章がおかしい時は、かなり酔っていると思ってください。
また、ここで紹介する遺構は訪ねてから紹介するまでに、時間が経っている物や、すでに消失している物も有り、必ずしも現状で無い場合がありますのでご注意ください。
本ブログに掲載されている写真の無断使用は禁止します。
著作権は本ブログにあります。使用する場合は御一報ください。(お断りする場合もございます。)
また、使用を許可した場合でも、本ブログ名を明記してください。

Twitter始めました。@Kanreport0726

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR